NEW

キンプリと契約直後に赤西仁と契約解除か、文春報道…凄まじい「辞めジャニーズ排除」

文=編集部
キンプリと契約直後に赤西仁と契約解除か、文春報道…凄まじい「辞めジャニーズ排除」の画像1
ジャニーズ事務所

 2月9日付「文春オンライン」記事は、2017年にジャニーズ事務所を退所した香取慎吾が、“ジャニーズへの忖度”のゴタゴタに巻き込まれていた可能性をスクープした。

 もともとはジャニーズのアイドルグループ・SMAPとして、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛とともに活躍していた香取。しかし、16年にSMAP解散騒動が勃発し、同年末をもってグループは解散。そして17年9月、稲垣と草なぎ、香取はジャニーズを退所すると、SMAPの元マネジャー・飯島三智氏が代表を務める新事務所・CULENに移籍し、3人で「新しい地図」名義で活動を開始した。

 当初、3人のテレビ露出は極端に減り、その活動を見られるのはSNSやネット番組が中心となった。だが19年7月に公正取引委員会が、民放テレビ局などに対し3人を出演させないよう圧力をかけた疑いがあるとして、ジャニーズを注意していたことが判明。これが1つの転機になったのか、同年の大みそかに放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)には稲垣、草なぎ、香取が揃って登場。それから少しずつ3人の地上波出演が増えていき、今年は4月から彼らが出演する子ども向けバラエティ『ワルイコあつまれ』(NHK Eテレ)のレギュラー放送も決まっている。

 公取委の働きかけのおかげか、無事“復活”できたかのように見えていた「新しい地図」の3人。香取は昨年1月期の連続ドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京)で、ジャニーズを離れてから初の連ドラ主演を務めたが、「文春」によれば、もともと『アノニマス』の主題歌はユニバーサルミュージック内レーベル・ASSE!! RecordsのHYが担当するはずだったが、同社で邦楽を統括していた執行役員・A氏がジャニーズに忖度してHYを起用させないことにしたという。

 ちなみにオンエア時には香取慎吾 feat.WONKによる「Anonymous」(21年2月配信リリース)が主題歌となっていた。

「一昔前のジャニーズなら、自社を辞めたタレントを起用しないようにテレビ局などへ圧力をかけているといった報道が出ることもあった。だから香取らの露出が激減していた頃、ファンからも『圧力のせいでは?』と批判が噴出していたわけだが、やはり公取委に注意されてからのジャニーズは、露骨な圧力行使をしなくなったといわれている。

 ただ、今回のユニバーサルのように、ジャニーズが何も言わずとも、周囲が忖度してしまうパターンはなくなっていない。『文春』にもあったように、ユニバーサルは現在ジャニーズと共同でKing&Princeのプライベートレーベル・Johnnys’ Universeを運営するなどしており、ジャニーズの機嫌を損ねることがあってはいけないと考えてしまったのかもしれない」(芸能記者)

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合