NEW

「開封後、毛がみるみる抜けてきて」セリア、不評な商品5選&使用レビュー

文・取材=A4studio
「開封後、毛がみるみる抜けてきて」セリア、不評な商品5選&使用レビューの画像1
セリア、不織布マスクチャック式

 大手100円ショップブランドのなかでも、ひときわデザイン性に優れたアイテムを取り揃えている「セリア」。

 ブランド名は「まじめな」というイタリア語の「seria」から来ており、企業コンセプトである「Color the days」には、“日常を彩るための出会いをとことんまじめに追求する”という思いが込められているという。社名の通り、他メーカーとの共同開発や顧客の声を反映させた商品づくりなどにより、人々に寄り添ったアイテムをラインナップしている。

 そんな「セリア」の商品は基本的には魅力あふれるものばかりなのだが、なかには買う際に注意が必要な商品も。今回は“この冬、要注意なセリア商品”を5品独自に選出。その理由とあわせて紹介するので、今後セリアを訪れる際の参考にしてみてほしい。

不織布マスクチャック式 大人用/110円(税込、以下同)

 コロナ禍で日常の必須アイテムとなったマスク。トレンドに敏感な「セリア」でも、デザイン性の高いものや、機能性の高いものなどバリエーション豊富にマスクが販売されている。しかし、「不織布マスクチャック式 大人用」には、「マスクの紐が緩い」「中を開けたら紐が外れていた」などの声が寄せられている。

 今回購入したものは紐が外れているということはなかったが、実際に着けてみると確かにゴム紐はかなり緩い印象だった。伸縮性を担保できるように作っているのかもしれないが、その緩さは少し口を動かすとマスクが激しく動いてしまうほどである。

 鼻に沿って着けられるようにノーズワイヤーが入っていたり、生地が厚かったりと、マスクとしての機能性が高いだけに、紐が緩いという欠点が余計に目立ってしまうのが残念だ。本品を買う際はフィット感に不安があるということへの注意が必要だろう。

もこもこクッションカバー/110円

「開封後、毛がみるみる抜けてきて」セリア、不評な商品5選&使用レビューの画像2

 一つあるだけで自宅でのリラックスタイムを豊かにしてくれるクッション。「セリア」にはプチプラとは思えない“高見え”のクッションカバーが多く揃っており、なかでも「もこもこクッションカバー」は、名前負けしない圧倒的な肌触りの良さがSNSで話題の商品だ。

 しかしこのクッションカバーは、生地の毛や裏縫いの糸が抜けやすいという弱点を持っている。今回購入したものも、開封後すぐに裏縫いの糸がほつれてきて、使用していると表面の毛がみるみる抜けてきてしまった。気になって裏地を見てみると、縫い糸が非常に緩いことがわかった。110円という価格のため仕方ないのかもしれないが、これでは使うたびにどんどん糸が抜けてしまうだろう。

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合