NEW

JRAフェブラリーS、白毛のダート王誕生か?有力馬不在、ソダシ勝利は運次第?

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
JRAフェブラリーS、ソダシ勝利は運次第?
アイドルホース・ソダシにチャンスはあるのか?

注目の舞台は東京へ

 スキージャンプ混合団体で波紋を呼んだ高梨沙羅選手の失格など、さまざまな出来事が起こった北京2022冬季オリンピックが20日に閉幕する。昨年の東京2020オリンピックに続きコロナ禍で行われただけにスムーズではなかったが、記憶に残るオリンピックだったといえよう。

 一方、20日は日本でも注目のレースがある。それは東京競馬場で行われる“冬のダート王決定戦”フェブラリーステークス(G1)だ。

 スピードとスタミナが要求される過酷なダートのマイル戦。優勝賞金は1億円と破格で、まさに家が建つレベル。今年も現役屈指のダート馬が出走を予定しているが、主役は白毛馬のソダシで間違いないだろう。実力では有馬記念を勝利したエフフォーリアに譲るが、昨年日本中央競馬会(JRA)で発売されたぬいぐるみが瞬く間に完売したように、人気でいえばソダシが完勝。

 今回勝てば、競馬ファンだけでなく多くのマスコミ、そしてSNSでも大盛り上がりになるだろう。過去にはオグリキャップやハイセイコー、ディープインパクトといった名馬が日本中を沸かせたが、それらに勝るとも劣らない人気ぶりなのである。そのソダシが昨年8月以来の勝利を目指し、フェブラリーステークスに出走する。同馬の走りは2022年の競馬を占う上でも重要であることは間違いない。

ソダシの勝算は?

 ソダシがフェブラリーステークスを勝つには、いくつか条件がある。まずは枠順に恵まれることだ。昨年初めてダートのチャンピオンズカップに出走した時は、最内枠で逃げざるを得ず、他馬にマークされてスムーズな走りができなかった。東京のマイルは芝の部分を長く走れる外枠が有利。芝のG1を勝利しているソダシにとって、外枠を引けるかどうかは大きな意味を持つ。

 次に重要なのは、スムーズに先行することだ。スピードとスタミナが要求されるレースであり、ある程度の位置取りが重要。過去に優勝した馬の多くが、4コーナーで5番手以内に位置している。前走のようにマークされる展開ではなく、ある程度前につけて先を行く馬を見ながら自分の力を出し切るレースが望ましい。スタート後の位置取りは、かなり重要だ。

 ソダシの父クロフネは平成を代表するダート馬であり、母の父キングカメハメハはこれまでホッコータルマエやベルシャザールなど数々のダート王を輩出してきた。陣営もチャンピオンズカップ後に「ダートの走りは悪くなかった」と語っているように、血統的にも走法的にも適性は十分。あとは実力と運のみである。その実力に関しては、これまでG1レースを2勝し、札幌記念ではラヴズオンリーユーに勝利しているのだから問題ない。最後は運次第といえるだろう。

JRAフェブラリーS、白毛のダート王誕生か?有力馬不在、ソダシ勝利は運次第?の画像2
今年のフェブラリーステークスは大波乱&特大万馬券も?

 続いて、ソダシのライバルについてもチェックしよう。今年はダートの強豪であるテーオーケインズやチュウワウィザードといった、現役屈指の実力馬が出走しない。そして過去にも多くの穴馬が激走してきたこともあり、今年も人気薄穴馬の激走が予想される。しかし、どんな馬券を買うべきなのか、まったく見当はつかないのが本音だ。

 そこで、今回のフェブラリーステークスの内部事情を探るため、元JRA調教師の増沢末夫氏や元JRA騎手の安田富男氏など、レジェンドと呼ばれる大物競馬関係者が多く所属する「シンクタンク」に、最新情報を聞いてみた。

「今年の特徴は、どの陣営にもチャンスがあることでしょう。というのも、今年はトップクラスの実績馬が不在で、人気もかなり割れるとみられるからです。多くの陣営が、『今回は唯一、G1を勝てるチャンスだ』と語っているほどです。

 確かに、ソダシの存在はポイントでしょう。同馬が100%の力を出し切り、展開や枠などさまざまな面で恵まれれば、勝つ可能性もあります。しかし重要なのは、ソダシ以上のコース適性、状態、そして関係者が手応えを掴んでいる馬の存在です。

 シンクタンクには元JRA調教師の平井雄二が中心となって活動する【重賞メイン特捜部】があり、彼らはこれまで数多くの重賞レースを的中させてきましたが、このフェブラリーステークスにおいては、過去5本の指に入ると言っていいほどの手応えを掴んでいるのです。

 基本的に関係者は、その自信が広まれば他の陣営からマークされるため、テレビやスポーツ紙など記者の取材には本音で答えていません。しかし、業界最高峰と自負する情報網を構築する我々は、穴馬情報も独占的に把握しています。ただ、関係者から独占的に聞いた秘匿性の高い情報ですから、事前に馬名の公開はできません。レースが行われる2月20日、当日の最終チェックを踏まえた上で、読者の皆様に推奨するに相応しい5頭を無料でお伝えします。なお情報取得方法などは、念のため事前に確認をお願いします。

 当然、その5頭には万馬券につながる穴馬が含まれています。昨年のフェブラリーステークスは9番人気で好走して2着になったエアスピネル、そして8番人気で3着に入ったワンダーリーデルの2頭が“万馬券の使者”となりました。シンクタンクは、その2頭を把握していたことで、しっかり万馬券を的中しております。

 加えるならば、このレースは過去にも何度も万馬券を的中させている相性の良いレース。今年も万馬券の的中はもちろん、春競馬につながる重要なレースとなるでしょう。しっかり結果を出したいと思っていますので、ぜひご期待ください」(シンクタンク担当者)

 シンクタンクといえば、何人もの元JRA調教師を筆頭に、競馬界を代表するレジェンドが多数所属していることで有名だ。そしてそのレジェンドたちが入手する本物の情報を、さまざまな分野の専門家が徹底的に分析し、最終的に厳選された至高の情報を競馬ファンに提供している。

JRAフェブラリーS、白毛のダート王誕生か?有力馬不在、ソダシ勝利は運次第?の画像3
シンクタンクの情報なら100万円を超える払い戻しも!

 その情報は数々の実績を残しており、今年もフェブラリーステークスの前哨戦である根岸ステークスや東海ステークス、さらにはシルクロードステークスや東京新聞杯といった注目重賞にて【重賞メイン特捜部】が厳選した5頭で決着している。さらに、2021年は合計176本もの万馬券を的中させているのだから、その実力には驚かされるばかりだ。

 そんなシンクタンクが提供するフェブラリーステークスの無料情報は、まさに最高峰の情報なのである。それを無料で提供してくれるのだから、競馬ファンにとってこれほど素晴らしいことはない。そして高配当必至の注目レースを的中させることができれば、うれしい臨時収入となるだろう。こんな機会は逃すべきではない。必ずや、この無料情報を活用し、勝利の的中馬券を手にしていただきたい。

(文=Business Journal編集部)

CLICK→無料公開!【フェブラリーSの「厳選勝負馬5頭!」】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

(文=Business Journal編集部)

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合