NEW

3月末から始まる3G「ガラケー」サービス終了まとめ どうすればいいの!?

文=すずきあきら/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

3G端末「ガラケー」の利用者は、2021年9月末時点で2,200万件もあるそうだ。しかし、いつまでもガラケーが使えると思ったら大間違い。まず、2022年3月末でKDDI(au)が3Gサービスを終了するのを皮切りに、ソフトバンクやドコモも次々と3Gサービスを終了させることになっている。そこで今回は、3Gサービスがいつ終了され、今後どうすればいいのかを解説しよう。

3Gサービスが終了したらその後はどうなるの?

アナタは今、どんな携帯電話を使っているだろうか? 「4G」や「5G」に対応したケータイやスマホなら問題ないが、もし「3G」にしか対応しない3G端末「ガラケー」なら、早ければ今年3月末で通話もネット接続もできなくなる。

そもそも、「3G」とは「3rd Generation Mobile Communication System」の略で、日本語では「第3世代移動通信システム」と呼ばれるものだ。「4G」は第4世代、「5G」は第5世代ということになる。

日本で3Gサービスが提供されたのは2001年10月のこと。ドコモの3Gサービス「FOMA」は、当時としては高速な下り最大384kbpsの通信であった。

しかし、3Gサービスは開始から20年以上経過しており、すでに超高速5Gサービス(最大4.2Gbps)もスタートしているため、いよいよサービスを終了することになったというわけだ。

たとえば、auは今年3月末に3Gを停波するが、停波後は3Gしか対応しないガラケーは圏外となり、通話やデータ通信ができなくなるのである。

3月末から始まる3G「ガラケー」サービス終了まとめ どうすればいいの!?の画像1
3Gが停波されると、その後は3Gにしか対応しないガラケーは圏外となり、通話やデータ通信などはできなくなる(写真はイメージです)

(画像は「写真AC」より引用)

2022年3月末で3Gサービスを終了するauは一部のiPhoneまで使えなくなる!

auは、2022年3月31日に3Gサービス「CDMA 1X WIN」を終了する。これにより、CDMA 1X WIN対応機種とau VoLTE非対応のガラケーとスマホで、音声通話とデータ通信が利用できなくなる。

とくに注意したいのは、CDMA 1X WIN対応機種はガラケーだけなく、一部のスマホも含まれていること。たとえば、LTE非対応のiPhone 4sや、au VoLTEに非対応のiPhone 5/5s/5cなども利用できなくなるのだ。

しかし、au VoLTEに対応している機種なら、2022年4月以降も利用可能であ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合