NEW

ネプチューン、レギュラー番組“全滅”で不要論も…低視聴率の深刻な理由

文=編集部
【この記事のキーワード】,
「ネプリーグ - フジテレビ」より
ネプリーグ – フジテレビ」より

 ここ数年、ネプチューンがめっきり存在感を失っているという。芸歴28年の人気お笑いトリオに何が起きているのだろうか?

 現在、ネプチューンのレギュラー番組は『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)、『しゃべくり007』(日本テレビ系)、『ネプリーグ』(フジテレビ系)、『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)の4本だが、必ずしも安泰というわけではないようだ。

『しゃべくり』低視聴率で不要論も

「特に『しゃべくり』は確実に数字を落としています。6年前の2016年2月15日の視聴率は世帯視聴率13.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人視聴率も7.4%。翌17年1月30日も世帯13.6%、個人7.6%と圧倒的でした。ところが、今年2月14日の同番組の視聴率を見ると、世帯7.2%、個人4.1%と、当時の約半分にまで落ちているのです」(テレビ局関係者)

 この14日は、裏のTBS系で20時半から『北京オリンピック』が放送されていた(世帯9.5%、個人5.5%)。『しゃべくり』の低視聴率は、その影響もあるのではないだろうか?

「実は、その言い訳が通用しないところまで弱体化しています。裏に特に強い番組がなかった1月31日の放送でも世帯8.8%、個人4.7%ですから」(同)

 そんな『しゃべくり』の中で不要論が巻き起こっているのが、ネプチューンだという。

「番組のリーダー的存在で、かつてはメンバーに容赦なくツッコミを入れていた名倉潤は2018年6月に椎間板ヘルニアの手術を受け、術後のストレスでうつ病を発症。そのリハビリで休養していた時期もありましたが、今も完全復調とは言えない状況が続いており、オンエアでもほとんど何もしゃべらない回もあるぐらいです。堀内健は、不用意な発言がすぎるとネット上で非難の的となることもあります。原田泰造も、くりぃむしちゅー・有田哲平からイジられるくらいです」(同)

 さらに、他の番組も不穏な空気に包まれているという。特に『ジョブチューン』は、元日に放送されたスペシャルの炎上が今も尾を引いているようだ。

「元日SPでは一流料理人がコンビニ商品をジャッジする企画が行われたのですが、あるイタリアンシェフが、ファミリーマートのおむすびを一瞥しただけで『食べたいという気にさせない』と味見を拒否。一切口をつけないという姿勢が物議を醸したのです」(芸能ライター)

 この日の同番組の第3部(19時からの2時間)の視聴率は世帯8.3%、個人5.2%。裏の『芸能人格付けチェック! 2022お正月スペシャル』(テレビ朝日系)の第2部(18時からの3時間)が世帯20.1%、個人13.1%であることから比べると健闘したと言えるが、そこから下降気味なのだという。

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合