NEW

弟がいる長女は低収入の傾向、は本当?「きょうだい」組み合わせとブラザーペナルティ

文・取材=海老エリカ/A4studio

 最後に、日本に残る“ブラザーペナルティ”の考え方に対して、今後我々はどう向き合っていく必要があるのかを聞いた。

「日本の会社員平均年収というのは先進国のなかでは唯一上がっておらず、むしろ微減しています。男は仕事、女は家庭という発想が成立するためには、前提として男のほうが稼がなければならない。ですが今ではその前提すら成り立たないのです。であれば、男性も女性も正社員で、結婚して出産期を迎えても一時的に産休・育休をとって復職するという共働きの形が、増加していく可能性が高いでしょう。

 女子だから大学に進学しなくてもいいという考えのうえで、自分の娘に進学や就職の話をする時代ではなくなっているのです。就職キャリアの構造が大きく変化しているということを踏まえた意識変革が求められるのではないでしょうか」(石渡氏)

 男女が平等に活躍できる時代へ移り変わりつつあるとはいえ、未だに人々の間で性別役割分業意識が存在している地域もある。この意識をいかに解消できるかが今後重要になってくるだろう。

(文・取材=海老エリカ/A4studio)

A4studio

A4studio

エーヨンスタジオ/WEB媒体(ニュースサイト)、雑誌媒体(週刊誌)を中心に、時事系、サブカル系、ビジネス系などのトピックの企画・編集・執筆を行う編集プロダクション。

Twitter:@a4studio_tokyo

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合