NEW

【2022年3月版】ネット銀行金利ランキング、3位あおぞら銀行、2位SBJ銀行を上回った1位は?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

【2022年3月版】ネット銀行金利ランキング、3位あおぞら銀行、2位SBJ銀行を上回った1位は?の画像1

アナタは自分の資産を大手銀行に預けたままにしていないだろうか? でも、大手銀行の金利は史上最低の0.001%なので、お金はちっとも増えないぞ。かといって慣れない投資で損失を出すのも怖いし……。そんな人は、リスクゼロで安心なネット銀行を利用してみよう。ネット銀行なら大手銀行の100~200倍もの高金利を実現しているのだ。そこで今回は、編集部独自調査による、2022年3月1日時点でのネット銀行金利ランキングを発表しよう。果たして1位はどこなのだろうか?

もはや低金利の大手銀行にお金を預ける意味はない!

長引く不況で、大手銀行の普通預金金利は史上最低水準の0.001%しかない。100万円を預けても1年後にもらえる利息はたったの10円(税引き後は約8円)。定期預金金利でも0.002%なので、100万円で1年後にもらえる利息は20円(税引き後は約16円)しかないのだ。

そこでオススメしたいのがネット銀行である。「ネット銀行って大丈夫なの?」と不安に感じる人もいるだろうが、ネット銀行も大手銀行と同じで1,000万円までは国の預金保険制度の対象になる。万一、銀行が破綻しても日本円の普通預金や定期預金および利子は返って来るので安心だ。

もちろん、ネット銀行は基本的に店舗を持たないため、通常の100~200倍もの高金利を実現できるほか、ATM利用料や他行宛振込手数料の無料化など、大手銀行にはマネできないメリットも多い。

そこで今回は、ネット専業ではない銀行も含めて、2022年3月1日現在で、金利が高い銀行のランキングをまとめてみた。

【2022年3月版】ネット銀行金利ランキング、3位あおぞら銀行、2位SBJ銀行を上回った1位は?の画像2
SBJ銀行は1年定期が0.25%、2年定期が0.30%になるキャンペーンが終了したので2位に。代わって1位を獲得したのは新規口座申し込みで1年定期が0.22%となる「商工組合中央金庫」である

【第8位】楽天銀行 普通預金で0.10%の高金利

第8位の「楽天銀行」は普通預金金利を0.10%にすることができる。お金を拘束されない普通預金で、大手銀行の100倍もの高金利を得られるのは大きなメリットだろう。

ただし、普通預金金利0.10%を得るには、楽天証券の口座を開設してスムーズに投資資金を移動できる「マネーブリッジ」設定をする必要がある。その方法は→こちらで確認してほしい。

もちろん、楽天経済圏の中核となる楽天銀行の口座を持っていれば、楽天カードの引き落とし口座、楽天ペイへのチャージ、楽天証券への入金用としても活用できる。

【2022年3月版】ネット銀行金利ランキング、3位あおぞら銀行、2位SBJ銀行を上回った1位は?の画像3
(Image:rakuten-bank.co.jp) 楽天銀行の定期預金金利はさほど高くないが、普通預金金利は、楽天証券との口座提携サービス「マネーブリッジ」に設定することで0.10%にアップできる

【第7位】ローソン銀行 300万円以上なら普通預金で0.15%

ローソン銀…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合