NEW

宮迫博之の牛宮城、開店に懸念と期待…「1年で潰れる」「失敗する条件がない」

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
宮迫博之の牛宮城、開店に懸念と期待
牛宮城のHPより

 3月1日、元雨上がり決死隊の宮迫博之の経営する焼き肉店「牛宮城」がオープン。当初は昨年10月にオープンする予定だったが、共同経営者でユーチューバーのヒカルが撤退を表明し、一時はオープンそのものが危ぶまれた。だが、紆余曲折を経て、ようやく開店にこぎつけたかたちだ。

 ヒカルは昨年秋、オープン直前の試食会で料理のレベルが低すぎるなどと酷評。「粗悪店」とまで言い切り、このような店であれば自身は関与したくないとして11月には撤退を表明。その後、宮迫はたびたび資金難を公言するなど苦境に陥っている様子を見せていたが、メニューを一から見直すなど試行錯誤し、「納得のいく味、納得のいく店」になったとして満を持して開店。

 開店を控えて宮迫は、あらためてヒカルを試食に招待。ヒカルは招待日とは別のタイミングで“抜き打ちチェック”と称して店を訪問し、その様子を自身のYouTubeチャンネルで公開。そこで試食した料理をことごとく絶賛し、一度は撤退した牛宮城の宣伝役として再度関わりたいと提案。宮迫はもろ手を挙げて歓迎し、一度は不仲説も流れた2人が和解したかたちとなった。

 ヒカルと宮迫が再タッグを組んだからといって、前途洋々なわけではない。話題性は高いことから、3月中は予約が埋まるほど盛況だが、料理の値段はかなり強気な高額設定となっており、飲食店が軒並み苦境にあるなかで生き残るのは簡単ではない。

 宮迫の店ということで、芸能関係者やユーチューバーたちがしばらくは訪れるだろう。元相方の蛍原徹やお笑い芸人の江頭2:50などが来店を宣言している。また、そのような有名人見たさに来店する若者もいると考えられるが、料金が高額であることを考慮すると、リピーターがつくかどうかは不透明だ。実際、「2ちゃんねる」創設者で実業家の西村ひろゆき氏は「1年くらいで潰れる」との見解を示すなど、長くもたないとの見方をする向きが少なくない。

 反対に、“青汁王子”こと実業家の三崎優太氏は試食したうえで、「飲食店で成功する要素を満たしている」「失敗する条件がない」などとして、牛宮城は成功すると断言。ほかにもネット上で一定の知名度を得た牛宮城は、客が集まると見通す経営者もいる。

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合