NEW

KDDIがリモコンで簡単に操作できる「かんたんテレビ電話」サービスを開始。自宅のテレビで電話が可能に

文=すずきあきら/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

高齢者はガラケー利用者が多く、LINEでのテレビ電話ができないことがある。だが、そんな高齢者でも自宅のテレビで簡単にテレビ電話できるサービスが開始された。それがKDDIの「かんたんテレビ電話」である。かんたんテレビ電話はケーブルテレビ(CATV)のサービスであり、リモコンで簡単に操作できるため、高齢者でも使いやすいのだ。

自宅のテレビで簡単にテレビ電話ができる!

KDDIは2022年2月28日から、自宅の大型テレビでテレビ通話が可能な「かんたんテレビ電話」のサービスの提供を開始した。

この「かんたんテレビ電話」は、KDDIが全国のケーブルテレビ(CATV)事業者に提供しているケーブルテレビ用セットトップボックス「ケーブルプラスSTB-2」で利用できる。

セットトップボックスを取り付ければ、高齢者でも使い慣れたリモコン操作で、簡単にテレビ電話ができるのが特徴だ。

また、iPhoneでも専用アプリを利用することで、テレビ通話を楽しむことができるが、Androidは後日対応する予定だという。 

もし、田舎の両親がガラケーユーザーで、LINEのビデオ通話などが利用できない場合は、高齢者でも簡単に操作できる「かんたんテレビ電話」の導入を検討してみてはいかがだろうか?

KDDIの「かんたんテレビ電話」
(Image:kddi.com) KDDIの「かんたんテレビ電話」は、ケーブルテレビに追加して利用するシステム。田舎では都市型ケーブルテレビも多いので、興味がある人は地域のケーブルテレビ局に問い合わせてみよう

「かんたんテレビ電話」を利用するには?

そもそも、「かんたんテレビ電話」はケーブルテレビの電話サービスなので、申し込みは地元のケーブルテレビ局に申し込むことになる。

ケーブルテレビといえば、山間部の電波状況が悪い地域で利用されているサービスだと思っている人もいるだろうが、最近は都市部でも「都市型ケーブルテレビ」がかなり普及している。

都市型ケーブルテレビは、自宅にアンテナを立てなくても地デジやBS/CS放送が楽しめるだけでなく、インターネットや電話などのサービスを多角的に提供しているのだ。

したがって、「かんたんテレビ電話」を申し込めばケーブルテレビ局の作業員が自宅に訪問して、セットトップボックスの取り付けや初期設定などをサポートしてくれる。

ただし、サービス開始時点で「かんたんテレビ電話」に対応するケーブルテレビ事業者は「TOKAIケーブルネットワーク」「いちはらコミュニティー・ネットワーク・テレビ」「東京ケーブルネットワーク」の3社のみである。

■対応ケーブルテレビ事業者…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合