NEW

メルカリで買うと後悔必至?リモートワークで“使えない”5つの冷え対策アイテム

文=清談社
【この記事のキーワード】,
「メルカリ」より
メルカリ」より

 エアコンを1日中つけっぱなしにするのは電気代も高くつく上、手元や足先などの末端までカバーできないこともしばしば。とはいえ、出費をケチり、寒さが気になってリモートワークに集中できない、なんて事態は避けたいところだ。

 そんな悩みを解決しようと、中古で購入できる防寒グッズを探してみても、中には「全然温かくない」「収納場所に困る」など、思わぬ落とし穴がある商品も存在する。そこで今回は、大手フリマアプリ「メルカリ」から、買うと後悔しそうな、リモートワークに不向きな冷え対策アイテム5つを独断で選んでみた(各種情報は調査時点)。

脚入れヒーター

 冷えに悩まされやすい下半身をすっぽりと布で包み込める、脚入れ式のヒーター。電源を入れると、ボックス状になっている底面のヒーターが下から全体を温めてくれる。

メルカリで買うと後悔必至?リモートワークで“使えない”5つの冷え対策アイテムの画像1

 ネックとなるのは、着脱のしにくさだ。トイレなどのちょっとした離席時や急な来客があったときなどにいちいち紐を緩め、サイドについたマジックテープをはがして脱ぐ必要がある。さらに、マジックテープはホコリなどを巻き込みやすく、セーターを着ている場合、生地がからんで傷んでしまうことも……。

 そして、最大の難点は充電式でなくコンセント式であること。キャスター式の椅子の場合、うっかりコードを巻き込んでバランスを崩して転倒してしまうリスクもある。また、製品自体の重さが1.7キロと重めな上、コンセントのケーブルが太ももに当たる部分から伸びているため、常に下に引っ張られている感覚があるなど、使用感にも不安が残る商品と言える。

デスクマットヒーター

 冬場は手元がかじかみやすい。キーボードを叩こうにも、寒さで動きが鈍った指先では仕事の効率にも悪影響だ。そんなときに便利なのが、この「デスクマットヒーター」。キーボードの下に敷き、付属の給電コードをつないで電源を入れれば、マットがじんわりと温まって手元の冷えから解放されるという商品だ。

メルカリで買うと後悔必至?リモートワークで“使えない”5つの冷え対策アイテムの画像2

 だが、気になるのは、注意書きにある「加熱中のマットの上にバッテリー内蔵の家電を置かないでください」の一言。キーボードやマウスなどの周辺機器ならともかく、パソコン本体やスマートフォンを直接置くと危険なようだ。仕事中にスマホへの連絡をまめに確認したい場合、そばにスマホを置いておけないのは不便だろう。スマホスタンドやPCスタンドを購入すれば問題なさそうだが、このために別途購入するのも手間とコストがかかってしまう。

 使用者の口コミをネットで探すと、「マットのゴム臭さが気になる」といったデメリットを指摘するコメントも。中には「温かくてうたた寝の癖がついてしまった」という、本末転倒な体験談もあがっていた。目の前の温もりに身を委ねない自信のある、鋼の心を持った人には適したアイテムかもしれない。

RANKING

5:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合