NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

佐々木希の幸薄い役がハマッた『ユーチューバーに娘はやらん!』が絶賛される理由

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
「ユーチューバーに娘はやらん! 公式サイト」より
ユーチューバーに娘はやらん! 公式サイト」より

 夫・渡部建の復帰で図らずも注目を集めてしまうなど、昨年からすっかり幸薄い印象がついてしまった佐々木希。相変わらず「キレイ」「かわいい」という声は多く、インスタグラムのフォロワー数も事実上の女優トップでありながら、演技力を疑問視する声がなかなか減らないという微妙なポジションに甘んじている。

 しかし、今冬の『ユーチューバーに娘はやらん!』(テレビ東京系)では、このところの佐々木希自身がオーバーラップするような幸薄い32歳のOL・平千紗を熱演。

 第1話では、「結婚式当日、婚約者に逃げられてしまい、しかも相手は男性だった」という2重のショックを受けながらも1人で披露宴をやり切るヒロインを演じて思わぬ感動を誘った。実際、この1カ月間あまりだけで、当作を絶賛するドラマ関係者の声を4人も聞いたくらいだ。

 その後、物語は披露宴を見て心を動かされたユーチューバー・タックタック(戸塚純貴)とテレビマンの榎本信(金子ノブアキ)が千紗に惹かれていく……という展開で進んでいくのだが、それでも佐々木希演じる千紗は幸薄いイメージを引きずったままだ。

 前述した4人のドラマ業界関係者が佐々木希と当作を評価した理由は、「過去最高のハマリ役であること」「深夜ドラマらしい脱力感と深夜ドラマとは思えない作り込み」の2点だった。

近年の主演作では幸薄い役がハマらず

 佐々木は『ユーチューバーに娘はやらん!』と同じ時期に、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』(NHK)にもゲスト出演。彼女が登場したとき、多くの視聴者は「主人公・るい(深津絵里)と錠一郎(オダギリジョー)の恋路を邪魔する存在ではないか」と怪しんだが、実際は錠一郎の病気や今後を心配する素晴らしい女性だった。

 ほとんど怪しい描写がなかったにもかかわらず視聴者から疑われた理由は、「佐々木希=美人」という世間のイメージにほかならない。「ここで佐々木希を投入したのは横恋慕させるためだろう」という、いわば“ビジュアル女優”のようなポジションとみなされていたのだ。

 しかし、『ユーチューバーに娘はやらん!』で不幸続きでも明るい千紗を演じる佐々木を見て、「この役の方がフィットしているかもしれない」という声があがっている。これは夫の一件から佐々木のイメージが変わったことを意味しているのではないか。

 実は2018年に放送された主演ドラマ『デイジー・ラック』(NHK)でも佐々木は、勤務先が倒産し、恋人にも振られてどん底の幸薄い女性を演じていた。ところが佐々木は同作の放送前に第一子妊娠を発表。さらに放送時は出産を控えた幸せいっぱいの状態であり、「ミスキャスト」という声が飛んでいた。

 さらに佐々木は、もう1年さかのぼった2017年の主演ドラマ『雨が降ると君は優しい』(Hulu)でも「セックス依存症に苦しむ妻」という幸薄い役に挑戦。体当たりの演技は業界内で評価されながらも、配信ドラマのため視聴者が少なかった上に、「Huluだから見ないけどミスキャスト」などの辛らつなコメントが目立った。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg