NEW

ノートパソコンの画面をそのままテレビに映す8つの方法 ミラーリングってどうやればいいの?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ノートパソコンの液晶ディスプレイは大きくても15インチ程度。会議で大勢の人にプレゼンしたり、自宅で家族とYouTubeなどの動画を楽しむには画面が小さすぎる。そこでノートパソコンの画面をそのまま大画面テレビに表示(ミラーリング)したいと思うのは当然のことだろう。でも、いったいどうすればノートパソコンの画面を大画面テレビに映せるのだろうか? そこで今回は、ノートパソコンの画面を大画面テレビに映す8つの方法を紹介したいと思う。

ノートパソコンの画面ってテレビに出力できるの?

ビジネスシーンでは重要な会議やプレゼンで、ノートパソコンの画面をそのまま会議室の大画面テレビに映したいときがある。

また、テレワークや在宅勤務でも小さいノートパソコンの画面を、リビングの大画面テレビに映して作業したり、YouTube動画などを家族で楽しみたいときもあるだろう。

そんなときは、いったいどうやってノートパソコンの画面を大画面テレビに映せばいいのだろうか?

そもそも、パソコンやスマホの画面を大画面テレビに複製して映すことを“ミラーリング”と呼ぶが、自分のノートパソコンに「D-sub」「HDMI」「Mini Display Port」といった映像出力端子があれば、ケーブルを使ってダイレクトに大画面テレビに映せる。

だが、ノートパソコンに映像出力端子がないときは、ちょっと厄介だ。「Chromecast(クロームキャスト)」などの専用デバイスを使って、ワイヤレスで大画面テレビにミラーリングすることになる。

ノートパソコンの画面をそのままテレビに映す8つの方法 ミラーリングってどうやればいいの?の画像1
ノートパソコンに映像出力端子がない場合は、デバイスを利用してワイヤレスでミラーリングすることも可能だ(写真はMicrosoft「ワイヤレスディスプレイアダプター V2」使用時)

画像は(Amazon.co.jp)より引用

【1】外部出力端子があればケーブルで簡単に大画面テレビと接続できる

まず、ノートパソコンに映像出力端子が装備されていないか確認してみよう。

映像出力端子があれば、ケーブルを使ってノートパソコンの画面をミラーリングすることができる。ただし、ノートパソコンの映像出力端子はさまざまなタイプがある。

古いパソコンには「D-Sub15ピン」というアナログ端子が装備されているので、D-Sub→HDMI変換ケーブルで大画面テレビに映像を出力できる。

もし、HDMI端子が装備されていれば、HDMIケーブルでダイレクトに大型テレビに出力可能だ。HDMIなら音声もそのまま出力される。

最近では「Mini Display Port」「…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合