NEW

テレビ関係者が実名を暴露…打ち合わせで態度が悪い芸人&業界内で評判が良い女優

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
テレビカメラ(「gettyimages」より)
「gettyimages」より

 アンジャッシュ・渡部建が、千葉テレビの冠番組『白黒アンジャッシュ』で1年8カ月ぶりに復帰した。テレビ業界全体としてはいまだに“四面楚歌”状態の渡部だが、チバテレにはまだ少なからず味方がいたということだろうか。

 さて、実はエンタメ業界ほど制作サイドの好みが出る業界はない。その中で「業界内ファン」が多いタレントもいれば、反対に不幸にも「業界内アンチ」を生んでしまうタレントもいるという。

 まず、業界内でファンが多いタレントは誰だろうか?

「女優の芳根京子は業界内でファンが多いです。とにかく、何かとよく気づくと聞いたことがあります。たとえば、スタッフの顔色が少しでも悪いと『大丈夫ですか?』と声をかけて気遣ってくれたり。また、自分がスタッフの求めに応えきれているのかどうか心配になり、『大丈夫ですかね?』と確認してくれることもあるそうです。まだ25歳ですが、同世代の女優である上白石萌音とともに、将来が楽しみな1人です」(テレビ局関係者)

 また、同じように評判が良いのが、あの実力派女優だ。

「奈緒はとにかくスタッフの話を前のめりで聞いてくれますし、やる気がみなぎっている。一時期、出世作となったドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)での怪演が話題となり、そのイメージに引きずられることを恐れていたようですが、人柄の良さがにじみ出るような役も多くこなし、そこからうまく脱却。陰のある役も明るいキャラクターも演じ切れる、これからも期待の女優です」(同)

 芸人では、誰がいるのだろうか?

「芸人さんは、もちろん表に出るときと打ち合わせでの様子は違いますが、あまり変わらないのがバナナマンです。現場も和やかでスムーズに進みますし、さらには『あの2人なら、なんとかしてくれる』という絶対的な安心感がある。特に設楽統はエピソードトークの再現構成力がすごい。一言一句、無駄な文言がなく、ダイレクトに笑いにつなげられる話し方をしてくれます」(同)

 一方で、意外と業界内アンチを生んでしまう芸人もいるという。

「ぶっきらぼうというか、粗野な部分があるところが魅力の四千頭身後藤拓実ですが、打ち合わせでの生意気というかやる気のない態度に対して、怒っていたディレクターもいました。本人としてはそういうつもりではなく、たまたまそう見えてしまっただけの可能性もありますが……。そういう意味では、誤解されやすいタイプなのかもしれません」(同)

 他に、不評を買っている芸人はいるのだろうか?

「特に評判が悪いというわけではありませんが、おぎやはぎは持ち込んだ企画に乗り切れないと、そのまま態度に出ることはありました。ある意味で素直な反応ですし、彼ららしいなとは思いますが」(同)

 今や誰がどう見ているかわからない時代。人気商売でもあるタレントは、スタッフへの接し方にも気を配った方がいいのかもしれない。

(文=編集部)

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合