NEW

「辞めたがっていた」桐谷美玲が退所、事務所社長の所属タレントへのセクハラ報道で嫌悪感か

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
「辞めたがっていた」桐谷美玲が退所、事務所社長の所属タレントへのセクハラ報道で嫌悪感かの画像1
桐谷美玲

 7日、女優でモデルの桐谷美玲が3月末をもって所属事務所スウィートパワーを退所すると発表されたが、桐谷と事務所の間には深い確執があったという声もある。

 桐谷は高校1年のときに地元でスカウトされ、2006年に公開された映画『春の居場所』でデビューして以降、16年におよび同事務所に所属し、モデルや女優として活躍。18年には俳優の三浦翔平と結婚し、20年に第1子となる長男を出産していた。

「デビュー直後から桐谷をファッション誌やテレビドラマ、映画の仕事などにねじ込むべく、各所へ猛烈な営業活動を展開してきたのが同事務所の名物社長、岡田直弓氏だった。岡田社長は自ら率先してタレントの売り込みに走り回り、現場にも足を運ぶ“行動派タイプ”で、その手腕によって桐谷や堀北真希、黒木メイサ、内山理名らを人気女優にのし上げてきた」(週刊誌記者)

 その岡田社長をめぐっては、ここ数年、良くない報道も相次いでいた。昨年3月発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、岡田社長が所属する女性タレントにセクハラ行為をはたらいており、それが原因で元KARAメンバーの知英が事務所との契約終了に至ったと報道。さらに5月発売の「文春」は、岡田社長が事務所スタッフらに日常的に暴言を浴びせるなどのパワハラ行為を行っているとも報じていた。

「17年に、岡田社長が手塩にかけて育てた堀北真希が、俳優の山本耕史との結婚を機に事務所を退所した際、堀北は引き留めようとする岡田社長と直接話をすることを拒み、岡田社長は第三者を通じてしか堀北とやりとりができなかったとされる。また、20年11月には高杉真宙が事務所を退所すると発表したが、その時点で出演が決まっていた翌年放送のNHK朝ドラ『おかえりモネ』を降板することになった。堀北も高杉も、そこまでして事務所を辞めたい何か理由があるのではと業界内では噂されていた」(テレビ局関係者)

 ちなみに昨年には、スウィートパワー所属の俳優・岡田健史が、同社に対して契約解除を求める訴訟を起こしていたことが明るみになり、同年8月には岡田が23年3月いっぱいで事務所を退所することが発表されるなど、ゴタゴタが続いている様子がうかがえる。

次は黒木メイサ?

「12年に黒木メイサが赤西仁と電撃婚したことで、堀北がその穴を埋めるべく仕事を詰め込まれたことがきっかけで事務所に不信感を抱くようになったといわれているが、その堀北の結婚・妊娠後に、今度は桐谷がキャスター業にモデル、女優の仕事をぎゅうぎゅう詰めにされ、一時は世間から心配されるほど“激ヤセ”したこともあった。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合