NEW

【Windows 11】OneDriveの起動を無効&アンインストールする方法

文=すずきあきら/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

Windows 11ではデフォルトでMicrosoftのクラウドサービス「OneDrive(ワンドライブ)」が有効になっている。無料で5GBの容量が使えるので使い方しだいでは役に立つが、ほかのクラウドサービスを使っている人にとっては、勝手に起動して自動バックアップが行われるのがうざったいだけだ。そこで今回は、OneDriveの起動を無効にする、あるいはOneDriveをアンインストールする方法を紹介しよう。

そもそもMicrosoftの「OneDrive」って何?

Windows 10や11では、Microsoftのクラウドサービス「OneDrive」が利用できるようになっている。

これは、Windows10と11でデフォルトのサービスになっており、Microsoftアカウントでログインすると、自動起動してデータのバックアップなどが行われる。

家庭向けOneDriveは誰でも5GBまで無料で利用でき、月額224円で100GBまで容量を増やすことができるが、サブスクサービスの「Microsoft 365 Personal」は年額1万2,984円でOfficeアプリを使え、OneDriveも1TB(1,000GB)まで利用可能だ。

しかし、ほかのクラウドサービスを使っている人にとっては、勝手に起動してバックアップが始まるのでうざったいだけだろう。いったいどうすればOneDriveを無効にできるのだろうか?

Microsoftの「OneDrive」って何?
(Image:microsoft.com) OneDriveはWindows OSを提供するMicrosft社のクラウドサービス。誰でも5GBまでは無料で利用することができるが、有料サービスも利用可能となっている

Windows 11 でOneDriveを自動的に起動しないようにする

「OneDriveはたまに使うけど、Winodws 11を起動するときに毎回自動的に起動するのは避けたい」といった場合はどうすればいいのだろうか?

Windows 11でOneDriveが起動していると、タスクバー右側に「雲」型のアイコンがあるので、まずは、この「雲」型アイコンを右クリックしよう。すると、メニューが表示されるので「設定」を押す。

「設定」画面が表示されたら、「Windows にサインインしたときに OneDrive を自動的に開始する」のチェックを外し、画面右下の「OK」を押せばいい。

もし、すぐに OneDrive を終了したいときは、メニューから「OneDrive を閉じる」をクリックしよう。

Windows 11 でOneDr…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合