NEW

iPhoneはやっぱりすごい!iPhone 13 Pro Maxがバッテリー比較テストで断トツの駆動時間を記録

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

みなさんはスマートフォンを選ぶとき、どんなポイントを意識しているだろうか。カメラ性能の高さや画面表示のなめらかさ、また「ここのメーカーのものしか買わない」というこだわりを持つファンも少なくないだろう。そんな重視するポイントのひとつに「バッテリー」もあるのではないだろうか。

今回は、iPhoneやサムスンのGalaxy、GoogleのPixelなどの機種を用いたバッテリーテストについてご紹介していきたい。

各メーカーのフラッグシップモデルを使ったバッテリー駆動テストが実施される

iPhoneはやっぱりすごい!iPhone 13 Pro Maxがバッテリー比較テストで断トツの駆動時間を記録の画像1
(Image:Urbanscape / Shutterstock.com) バッテリーテストで断トツ1位だった「iPhone 13 Pro Max」(9時間47分)

チャンネル登録者数34.9万人(2022年3月8日時点)を誇るYouTubeチャンネル「TechNick」は3月7日に動画をアップ。アップルの「iPhone 13 Pro Max」をはじめ、サムスンの「Galaxy S22 Ultra」やGoogleの「Pixel 6 Pro」、OPPO「Find X5 Pro」などといったスマホメーカー各社のフラッグシップ機を7台並べて、バッテリーテストを行う様子を公開した。

テストでは画面の照度を同じレベルに設定し、動画再生やウェブ画面のスクロール、SNSアプリの使用、カメラの起動などを行いながら30分ごとにバッテリー残量と本体温度を測定。数値を記録し続けている。

その結果、駆動時間で最下位の7位となってしまったのは中国のスマホメーカー・iQOOの「iQOO 9 Pro」で、6時間9分でバッテリーが切れてしまう結果となった。6位にはXiaomiの「Xiaomi 12 Pro」(6時間28分)、5位「Pixel 6 Pro」(7時間15分)、4位「Galaxy S22 Ultra」(7時間24分)、3位OPPOの「OPPO Find X5 Pro」(7時間45分)、2位・中国メーカーのOnePlus「OnePlus 10 Pro」(8時間10分)。そして堂々の1位には「iPhone 13 Pro Max」(9時間47分)が輝いた。

1位のiPhone 13 Pro Maxで特筆すべきはやはり9時間47分という駆動時間だろう。多くのメーカーのフラッグシップ機が6~7時間台、2位のOnePlus 10 Proでも8時間10分とようやく7時間の壁を突破したばかりのところで、…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合