NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『となりのチカラ』苦戦の理由と違和感の正体…松本潤の高齢層向け番宣も空振り?

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】, ,
「木曜ドラマ『となりのチカラ』 - テレビ朝日」より
木曜ドラマ『となりのチカラ』 – テレビ朝日」より

となりのチカラ』(テレビ朝日系)が浮上するきっかけを見出せないまま、3月に突入した。

 テレビ朝日の「木曜ドラマ」(木曜21時~)は、TBSの「日曜劇場」(日曜21時~)と並んで、最もリアルタイム視聴する3層(50歳以上)の割合が高いドラマ枠であり、2017年春以降で世帯視聴率が2桁未満だったのは、東出昌大の不倫スキャンダルに見舞われた『ケイジとケンジ』だけ。ところが、『となりのチカラ』はここまでの5話平均9.6%に留まり、直近の第5話が8.2%と最低値を更新してしまった。

 世帯視聴率だけならいいのだが、ネット上の声も主演・松本潤のファンによるポジティブなものを除けば、酷評が多くを占めている。「北京オリンピックで放送中断した」という不運こそあったが、そもそも1月の段階から話題の数そのものが少なかった感は否めない。

 ここまで一度も盛り上がらない理由は何なのか。序盤から、その兆しは至るところに表れていた。

視聴者の脳裏に浮かぶ違和感の正体

 同作のコンセプトは、「新時代の《中腰ヒーロー》が誕生! テレ朝ドラマ初主演の松本が演じる 思いやりと人間愛に溢れた ちょっぴり《中途半端な男》が、孤独に生きる現代人の心を救う…!? 社会派ホームコメディ!!」。

「木曜ドラマ」のメイン視聴者層である「50代以上を軸に視聴率を手堅く稼ぐ」という意味では何ら問題がないように見える。また、ここまでフィーチャーされた各話のテーマも、DVとネグレクト、ヤングケアラー、占いや霊感商法など、50代以上にとって身近なものばかりであり、セレクトに間違いはなさそうだ。

 ただ、ドラマを見ていくと、しばしば「何これ?」、あるいは「あざとい」という違和感を抱いてしまう。

 まず主人公の中越チカラ(松本潤)だが、「極端なおせっかいで隣人に声をかけまくる」という設定はいいとしても、他人の部屋をのぞくシーンや部屋に上がり込むシーンの多さに、「不審者」「気持ち悪い」などの声があがっていた。

 次の違和感は、初回から多用されている手旗信号。「虐待を受けている小学3年生・木次好美(古川凛)が手旗信号でSOSを送る」という脚本は、リアリティも笑いも得られていない。

 しかし、それ以上に「気になる」という声が多かったのは、ネコによるナレーション。主人公より声が大きく、感情の込もった声は、どちらかというと「ネコというより、田中哲司の朗読劇」という印象すらあり、ここまでの評判は芳しくない。

 各話のセリフに目を向けても、制作サイドの作為的なものが目立ち、視聴者の首をひねらせている。たとえば2月24日に放送された第4話のクライマックスでは、5歳の園児が初対面の祖母に抱きついて「ばあば、会いたかったです。世界で一番会いたかったです」と語りかけるシーンがあった。その瞬間、「5歳の園児が初対面の老女にこの言葉を言うか……」というツッコミがあがっていたが、無理もないだろう。

 また、主人公・チカラの口グセである「どっかでお会いしたことありませんでしたっけ?」という決めゼリフと、それを各話のクライマックスで思い出すお約束も、「あざとい」と言われるゆえんではないか。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合