NEW

光回線に変更してもネットの速度が遅いのはWi-Fiルーターのせい? ネットが遅い原因と5つの解決策を解説

文=すずきあきら/編集・ライター
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

アナタの自宅のインターネットはどのくらいの速度が出ているだろうか? もし、光回線を導入したのに全然インターネットの速度が遅いと感じたら、まずは今使っているWi-Fiルーターを調べてみよう。もし、かなり古いWi-Fiルーターをずっと使っているなら、買い替えを検討したほうがいいかもしれない。もちろん、光回線が遅くなる原因はほかにもあるので、今回は光回線の速度が遅い原因と解決策を紹介しよう。

そもそも光回線ってどのくらいの速度が出るの?

最近はスマホでも高速な5Gが利用できるので、一人暮らしなら自宅にインターネットの固定回線を引いていない人もいるだろう。だが、一般的なマンションや一軒家なら光回線が導入されていることが多いはずだ。

そもそも光回線とは、光ファイバーを利用したインターネットサービスのことで、昔からある電話線などを使った「ADSL」よりも高速だ。そのADSLも、2023年~2024年にかけて次々とサービスが終了されることになっている。

光回線の速度は100Mbps~1G(1,000M)bps程度と高速だが、なかには2Gbpsや10Gbpsといった超高速なサービスも登場している。もちろんこれは理論値なので、実際にそんな速度が出るわけではない。1Gbpsの光回線の実測値はおそらく100Mbps~600Mbps程度であろう。

ただし、光回線を導入したマンションでも「VDSL方式」の場合は、マンションの入り口までは光回線だが各部屋には電話線を使うため最大速度は100Mbpsとなり、実測は30~80Mbps程度になる。

SONYの「NURO光」
(Image:nuro.jp) 光回線サービスはドコモやKDDIといった通信会社や、地元のケーブルテレビ局などで契約できる。通常の最大速度は100Mbps~1Gbps程度だが、最近はSONYの「NURO光」のように、1Gbpsを上回る高速なサービスも登場している(画像は「NURO光」公式サイトより引用)
VDSL方式
古いマンションではVDSL方式が採用されていることがある。これはマンションの入口までは光回線が来ているが、棟内は電話回線で配線されており、自室には電話用のモジュラージャックしかない。そのため、速度は最大100Mbpsまでとなる
光配線方式
光配線方式のマンションは棟内に光回線が配線されており、自室にLAN端子が設置されている。そのため、直接パソコンにLANケーブルで接続でき、光回線本来の速度を利用することができる

【1】Wi-Fiルーターの有線LANポートの規格を確認しよう

マンションの光回線でVDSL方式が採用されていると、部屋には電話回線のモジュラージャックしかないが、光配線方式の場合は自室に直接LAN端子が設置されている。

壁のLAN端子とWi-Fiルーターをケーブルで接続することで、スマホやパソコンがWi-Fiで接続することができるが、このWi-Fiルーターが古い機種だと、光回線本来の速度が出ないことがある。

Wi-Fiルーターの背面には、LAN端子とWi-Fiルーターをケーブルで接続するための「WAN(INTERNET)」ポートと、分配して複数のパソコンやTVなどとケーブルで接続できる「LAN」ポートの2種類がある。

だ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合