NEW

穴あきイヤホンで話題のソニー「LinkBuds WF-L900」を実際に1週間使ってみたメリット・デメリット

文=いしばしいちろう/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「軽い、耳をふさがない、聴きながら聞こえる」と話題のソニー「LinkBuds WF-L900」。これまでのイヤホンは、耳を完全に密閉することで音の良さをアピールするものが多かったが、「LinkBuds WF-L900」はまったく逆を行く斬新なスタイルだ。あまりにも気になったので、自腹で購入して実際に1週間ほど使ってみたぞ! 果たしてどんなところが良くて、どんなところがダメなのだろうか?

ソニー「LinkBuds WF-L900」ってどんなイヤホンなの?

ソニーのワイヤレスイヤホンといえば、強力なノイズキャンセル機能を搭載した「WF-1000XM4」が有名だ。これは、密閉度を高めて外の騒音をシャットアウトして、高音質を追求するタイプである。

しかし、それを完全に否定するかのような、まったく新しいイヤホンがソニーから販売された。それが「LinkBuds WF-L900」である。

「LinkBuds WF-L900」で目につくが何と言ってもその外見だろう。イヤホンの真ん中に穴が開いているので、外部の音が思いっきり入ってくる。

イヤーピースのように見える「フィッティングサポーター」は5つの種類が用意されているが、密閉度を高めるためのものではなく、激しく動いても耳から外れないように“ストッパー”として使うのだ。

これで、本当に今までのように高音質をキープできるのだろうか?

ソニー「LinkBuds WF-L900」1
ご覧のとおり「LinkBuds WF-L900」は真ん中に穴があいた独特な形状。音が出る部分はドーナツ型で、円周上から音が出るようになっている
ソニー「LinkBuds WF-L900」2
フィッティングサポーターは5種類あるが、リングから出っ張っている部分を耳の中に引っ掛けることで、外れにくくする仕組み。決して密閉度を高めるためのものではない

「LinkBuds WF-L900」の初期設定と使い方は?

「LinkBuds WF-L900」は、専用ケースにあるBluetooth接続ボタンと、イヤホン本体にある2つのタッチセンサーで操作するシンプルな構造になっている。

初回は、イヤホンとスマホをBluetoothで接続しよう。ケース裏側のBluetooth接続ボタンを長押しすると接続モードになるので、スマホから「LinkBuds WF-L900」を登録すればOKだ。

次に専用アプリ「SONY/Headphones Connect」を起動してみよう。すると、Bluetoothで接続されている「LinkBuds WF-L900」を自動認識するので、あとは、「アクティビティー」や「360 Reality Audio」のセットアップを行えばいい。

「LinkBuds WF-L900」を耳に装着するときは少しコツがいる。音が…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合