NEW

宮迫博之、お笑いグループ結成が物議…「嫌われ者集団」「絶対面白い」と賛否両論

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
宮迫博之、お笑いグループ結成が物議
グループ結成を報告する宮迫(Twitterアカウントより)

“闇営業”問題で芸能界を実質的に追われたものの、ユーチューバーとして活動しつつ、3月には焼き肉店「牛宮城」をオープンさせた、元雨上がり決死隊の宮迫博之。その宮迫がお笑いグループ結成を発表し、賛否両論が渦巻いている。

 宮迫は15日、TwitterおよびYouTubeで、バッファロー吾郎A(バッファロー吾郎)、木下隆行(TKO)と共に、YouTube上の「おじさんグループ」結成を報告。グループ名を募集した。

 これに対し、「嫌われ者集団じゃん」「嫌われ者が集まっても人気者にはならないだろ」「この3人のお笑いとか需要ない」「おもしろくなさそう」といった批判的な意見が多く上がる一方、「3人ともネタ書けるし絶対面白い」「嫌われても批判されても話題を提供し続けられる宮迫さんはスゴイ」「この3人でM-1に出てほしい」など期待する意見も少なくない。

 今後の見通しについて、お笑い評論家のラリー遠田氏に話を聞いた。

――アンチも多いとはいえ、ファンも少なくない3人がグループを組むことで、それなりに需要はあるのでしょうか?

ラリー遠田氏 動画の内容を見る限りでは「芸人のグループ」というよりもYouTubeで活動するための「YouTuberのグループ」という感じだと思います。それを前提として答えると、動画の中でも触れている通り、グループで活動しているYouTuberのほとんどは若者であり、おじさんがグループを組むことは珍しいので、それなりに話題性はあるでしょう。

――それぞれがネタを書けることから、芸人として面白いのではないかと期待する声もあります。ラリーさんはどのように見ますか?

ラリー遠田氏 ネタをつくるような芸人としての活動をどこまで本格的にやるのかはわかりませんが、それぞれ実力のある人たちなので、ネタをやれば面白くなるとは思います。

――仮に『M-1』などに出場するとなった場合、テレビ局や吉本興業としては取り扱いにくいとして早々に落とすといった対応をする可能性もあるでしょうか?

ラリー遠田氏 最近のお笑いコンテストでは、純粋に面白いかどうかだけが審査の基準になっていて、それ以外の要素で判断されるようなことはほとんどありません。あくまでも面白いかどうかで決まると思います。

――主戦場はやはり今後もYouTubeで、テレビ出演の可能性は低いでしょうか。

ラリー遠田氏 そもそも本人たちがテレビに出たいと思っているかどうかという問題がありますが、一般論として言えば、可能性はゼロではないでしょう。

――ありがとうございました。

 宮迫はその後のTwitterで、「今日からの動画何ですが、再生回数とか登録者とかそんな事は関係無くて僕がやりたい未来に必要な大好き人達とやっていきたい事なので、よろしくお願いします。 笑える楽しい未来のために僕は進みます(原文ママ)」と述べている。

 視聴者からの評価を得るためではなく、自分がやりたいことをやる、というスタンスを強調した宮迫。テレビの世界で手にした多くのモノを一瞬にして失ったが、今は自分が楽しいと思えることだけを追い求めていくようだ。

(文=Business Journal編集部)

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合