NEW

モスバーガー“不評続出の商品”5選…辛すぎるチリドッグ&味がしないシェイク

文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
モスバーガーの店舗
モスバーガーの店舗

 1972年に創業し、今年で50周年を迎えた日本の老舗ハンバーガーチェーン「モスバーガー」。国内ではマクドナルドに次ぐ人気ハンバーガーチェーンとして知られており、こだわりの食材と、出来立てを味わえることで人気を集めている。

 同社では50周年の節目として、新コーポレートキャラクターの「リルモス」が就任。プロフィールには、やってみたいこととして「山のいちばん上まで登ること」、好きなこととして「海でウクレレを吹くこと」、特技として「太陽の高さで時間がわかること」など、「MOS」の由来であるMOUNTAIN(山)・OCEAN(海)・SUN(太陽)の要素を踏襲している。自然への限りない愛情を大切にするモスバーガーらしいキャラクターと言えるだろう。

 そんなモスバーガーには多くの絶品商品が存在するが、中には人によって好みが分かれてしまう微妙な商品も散見される。そこで今回は“この春要注意なモスバーガー商品”を5つ選出したので紹介していきたい。

ロースカツバーガー/400円(税込、以下同)

 まず紹介したいのが、2021年夏の『モスバーガー、この夏“オススメできない商品”5選!高カロリーすぎ・低コスパ・肉が固い…』でも取り上げている「ロースカツバーガー」。分厚いロースカツの上に山盛りの千切りキャベツが乗った商品である。

モスバーガー“不評続出の商品”5選…辛すぎるチリドッグ&味がしないシェイクの画像1

 厚さ3cmほどのロースカツは食べ応え抜群で、甘めのカツソースとアメリカンマスタードの相性も絶妙。SNSでは「モスで一番好き」という声も多いが、一方では「肉が固い」という声も少なくない。

 実際に食べてみると、確かにロースカツは固いようにも感じた。しかし、おいしくない固さではなく、脂身が少ないという印象で、脂の乗り具合で好みが分かれてしまいそうだ。さっぱりとした肉系バーガーが好きな方は、ぜひ試してみてほしい。

チリドッグ/370円

 次は、ホットドッグ類から「チリドッグ」を紹介しよう。モス特製のホットドッグの上に、ホットチリソースやソーセージ、角切りのオニオンをトッピングした商品だ。

モスバーガー“不評続出の商品”5選…辛すぎるチリドッグ&味がしないシェイクの画像2

 バンズに使用しているモスロールは、もっちりとしていて、通常のハンバーガーのバンズとは違った食感を楽しむことができる。ジューシーなソーセージやシャキシャキのオニオンは、素材のクオリティにこだわるモスバーガーらしい仕上がりだ。

 そんな同商品の難点は辛すぎること。モスバーガーには、他にノーマルタイプの「ホットドッグ」(340円)と、ホットチリソースの上にハバネロをトッピングした「スパイシーチリドッグ」(400円)が販売されている。つまり、3種類の中では“ちょい辛”的な立ち位置にも関わらず、あまりにも辛いのだ。

 そのため、SNSで購入者の声を見ると、「ピリ辛程度かと思ったら大辛だった」「涙出るくらい辛い」などの声があがっている。辛い食べ物が得意ではない方は、ノーマルタイプのホットドッグを注文するのが賢明かもしれない。

グリーンバーガー<テリヤキ> GREEN BURGER TERIYAKI/580円

 続いては、20年夏の『モス、開発に1年半かけた「グリーンバーガー」が絶品!今夏食べないと後悔する商品5選』でも紹介した「グリーンバーガー<テリヤキ> GREEN BURGER TERIYAKI」だ。

モスバーガー“不評続出の商品”5選…辛すぎるチリドッグ&味がしないシェイクの画像3

RANKING

23:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合