NEW

携帯電話「新規・MNP」契約ランキング、2位の「UQモバイル」を抑えた1位は? 大手3大キャリアは揃って伸び悩み

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

メインの携帯を新規契約、MNPで乗り換えをする場合の選択肢が幅広くなり、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアを選ぶ人が少なくなりつつある。最近、新規または乗り換えで通信キャリアを変えた人のなかでこの3社以外を選んだという人も多いのではないだろうか。気になるここ半年の各種契約数などのランキングを紹介する。

2位のUQモバイル、3位のY!mobile(ワイモバイル)は店頭契約での件数が多い

携帯電話「新規・MNP」契約ランキング、2位の「UQモバイル」を抑えた1位は? 大手3大キャリアは揃って伸び悩みの画像1
店頭での契約ランキングでは3位となった楽天モバイルだが、郵便局店頭での契約が浸透してくれば一気に1位になる可能性も(「MMD研究所」調べ)

MMD研究所は3月18日、18歳~69歳の男女2,896人に対して行った「2021年8月から半年間の新規・MNP契約数チャネル別調査」の結果を公表した。「2021年8月から半年の期間に新規またはMNPで契約を行ったメイン利用の通信サービス」の項目では、3位が「Y!mobile(ワイモバイル)」で15.7%、2位が「UQモバイル」で16.4%となった。1位は追って発表させていただこう。

一方で「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の3大キャリアは揃って伸び悩み、10%を上回ることができなかった。人気の高いサブブランドに相反して伸び悩んでいるのがよくわかる。

また、その手続きをしたときの契約場所を聞いたところ「店頭」が51.7%、「Web」が43.5%で、店頭で契約したという回答が半数を超える結果に。また店頭で契約を行った通信サービスのなかでは25.2%で「UQモバイル」が最多、次いで24.4%の「Y!mobile(ワイモバイル)」が僅差で追うかたちとなった。

確かに最近、この2つのサービスショップは大型ショッピングセンターや繁華街のあちこちでよく見かけるし、シンプルなインテリアで開放的な入りやすい店の雰囲気だ。ショップの認知度が上がると契約に至りやすいのは携帯電話業界だけではなく全ての業界に言えることだろう。

1位は楽天モバイル!Web契約の25%を占める結果に

携帯電話「新規・MNP」契約ランキング、2位の「UQモバイル」を抑えた1位は? 大手3大キャリアは揃って伸び悩みの画像2
格安系が上位を占め、3大キャリアは10%にも満たない結果に。今後どうする?(「MMD研究所」調べ)

そして先ほど後回しにした「2021年8月から半年の期間に新規またはMNPで契約を行ったメイン利用の通信サービス」の1位は、18.6%の支持を集めた「楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT Ⅵ)」となった。

「店頭での契約」のランキングでは14.2%で3位となり、2位のUQモバイル(25.2%)、3位のY!mobile(ワイモバイル)(24.4%)と大差をつけられた形だ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合