NEW

どうしてahamo(アハモ)は100GBの「大盛りプラン」を投入したのか? その納得のワケ

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

データ通信量20GB+5分無料通話付で月額2,970円と格安なドコモの「ahamo(アハモ)」。2022年3月時点で300万契約が目前という人気ぶりだ。そんなahamoが2022年6月から投入する新プランが月100GBで月額4,950円という「ahamo大盛り」だ。だが、“誰が月100GBも使うの?”“本当にお得なの?”など、さまざま疑問も沸いてくる。そこで、今回は「ahamo大盛り」がいったいどんなプランなのか? どうして100GBもの大容量プランを投入したのかを解説しよう。

2022年6月から始まる「ahamo大盛り」ってどんなプラン?

ドコモの格安プラン「ahamo(アハモ)」は、データ通信量20GB+5分無料通話付で月額2,970円と、それまでの大手キャリアよりもかなりお得な料金プランで人気を博してきた。事実、ahamoは開始からわずか1年後の2022年3月時点で、すでに300万契約が目前だという。

ライバルのauやソフトバンクもこれに対抗して20GBで月額3,000円以下の格安プランを打ち出してきたが、ahamoほどの加入者はなく苦戦を強いられてきた。

そこで、auでは基本料を無料にし、1〜150GBまでのデータ通信量を自由にトッピングできる「povo2.0」を投入。3GB/30日で990円の小容量プランも利用できるようにした。

また、ソフトバンクの「LINEMO」も、月3GBで月額990円という小容量プランを投入して巻き返しを図っている。

そんななか、1年間まったく動きのなかったahamoは、2022年6月から100GBの大容量プラン「ahamo大盛り」を投入すると発表した。この「ahamo大盛り」は、基本プランに80GBの「大盛りオプション」を月額1,980円で追加するというもの。

つまり、基本プラン20GB(月額2,970円)+80GBオプション追加(月額1,980円)で、合計100GBを月額4,950円で利用できるという仕組みになっている。

それにしても、どうしてahamoは小容量ではなく100GBという大容量プランを投入してきたのか? いったい誰が100GBも使うのか? 本当にahamo大盛りはお得なのか検証してみたいと思う。

●ahamo「ahamo大盛り」(公式)→こちら ●NTTドコモ「「ahamo大盛り」…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合