NEW

ヒカキン・セイキン、祖父ジジキンの逝去を報告 ほぼ面会できずで「家族との”今”を大切に」とメッセージ

【この記事のキーワード】
ヒカキン・セイキン、祖父ジジキンの逝去を報告 ほぼ面会できずで「家族との”今”を大切に」とメッセージの画像1
YouTube

「ヒカキン」(登録者数1060万人)が、29日に「祖父のジジキンが亡くなりました。」と題した動画を公開。兄の「セイキン」(同427万人)と共に、ファンに「ジジキン」として親しまれていた祖父が88歳で逝去したことを報告しました。

ヒカキン「最期まで強く生きてくれた」

ヒカキンはセイキンと並んで登場し、冒頭で「ご報告になるのですが、2022年3月に私ヒカキンと兄セイキンの実の祖父ジジキンが亡くなりました」と語りました。過去に「【モンスト】パンドラくるか!? 新春超獣神祭をジジキンに引いてもらったw」など、祖父は何度かヒカキンとセイキンの動画に出演していたため、ファンにも伝えるべきと考えて報告動画を公開したようです。

ヒカキンによると、昨年のクリスマス前くらいに危篤状態となって「数時間先もわからない」という容体だったそうですが、そこから3カ月間も「頑張って生きてくれた」とのこと。ヒカキンは「たくましく最期まで強く生きてくれたじいちゃんでした」と祖父をしのび、セイキンも「本当にすごいパワーでしたね」と話しました。

コロナ禍の影響によって、ワクチン接種を完了していても病院での面会はほとんどできなかったそうです。ヒカキンは「今、家族が危篤状態になると、本当に最期のお別れも満足にできないっていうのが、いきなりそういう場面がきてしまうってことがあり得ると思うので、家族との時間を1分1秒大切にしていただけたらなと伝えたいですね」と視聴者に呼びかけました。

「家族との“今”を大切に」とメッセージ

ヒカキンは概要欄でも、以下のようなメッセージを視聴者に送っています。

「コロナ禍の今、僕らの経験をもとに、家族との時間を大切にして欲しいという思いを込めてこの動画を公開することにしました。
いきなり家族が入院したり、危篤になってしまった時、会いたくても会えないことがあります。いつそうなるかわからない中、家族との“今”を大切にしてください。」

続きはこちら

【ユーチュラ】
2015年7月に開設した、日本のYouTubeチャンネルのランキング&ニュースサイト。月間アクセス数1300万PV(2022年2月現在)と、国内最大規模を誇る。

【ユーチュラ人気記事】
ウィル・スミスのビンタ動画がYouTubeの記録を塗り替える
本物なら185万円!? ハイサイ探偵団がゴルフ場の池掃除でロレックスを発見
ヒカル、三崎優太、与沢翼の討論番組がスタート ホリエモンが「SNS使ってるやつでバカが結構いる」と過激発言
小林麻耶と東谷義和が「反・海老蔵タッグ」結成 電話対談で共闘を誓う
セクシーピアニスト「Pan Piano」が顔バレ? 顔写真が流出

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合