NEW

新幹線の座席が家の中にある暮らしが羨ましすぎると話題!

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

初めて新幹線に乗った日のことを、皆さんは覚えているだろうか。東京~新大阪間を結ぶ東海道新幹線が開業したのは、今から半世紀以上前の1964年のことだ。筆者が初めて新幹線に乗ったのは、たしか小学生の頃だったように思う。基本は地元の在来線か、親の車に乗せられて目的地へと移動することが多かった筆者にとって、新幹線は夢のような乗り物だった。あのツルンとしたフォルムの車体がホームへと入ってきた時、まるで宇宙旅行にでも行くかのようなワクワク感を覚えたことを、今でも鮮明に思い出せる。

2022年3月23日にkobaton(@_kobakashi_)さんが投稿した「家にあるE6系新幹線の座席に座ってウキウキしながら夕飯食ってる夫婦は少ないと思う」というツイートには、自宅の和室に設置された本物の新幹線の座席の写真が添えられており、瞬く間に2万件を超える「いいね」がついた。

今回は、E6系新幹線の魅力とともに、kobatonさんのツイートに寄せられた様々な反応をご紹介していきたい。

E6系新幹線とは?

普段から写真や模型が好きで、ジオラマ作りが趣味のkobatonさんは、ある日、自宅の和室にE6系新幹線の車内を再現することに成功。

新幹線の座席が家の中にある暮らしが羨ましすぎると話題!の画像1
(画像は「kobaton(@_kobakashi_)さん」提供)

E6系新幹線とは、新幹線と在来線を乗り換えなしで結ぶ「新在直通運転」を行っている秋田新幹線用の車両である。E6系の普通車の内装デザインは、実り豊かな秋田の大地をイメージして作られているそうだ。新幹線の通路を田んぼの中の一筋のあぜ道に見立て、鮮やかな黄金色の腰掛シートは、豊かに実った稲穂を表現。車内の通路や、各車両を繋ぐドアの部分には、稲穂のイラストまでもが描かれており、かなり凝った作りの内装となっている。

また、ボディに鮮やかな赤色が入っているE6系は、2013年にお披露目されるや否や、鉄道ファンの心を鷲掴みにしたらしい。

そんなE6系新幹線の本物の座席を手に入れたkobatonさんは、さっそく自宅の和室の一角に、ホームセンターで購入した木材を組み合わせ、新幹線の床をDIY。もちろん、ベニヤ板むき出しの状態…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合