NEW

『VS魂』衝撃の低視聴率で一人負けの異常事態…魂メンバーにガーシー砲被害者も

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
「VS魂 - フジテレビ」より
VS魂 – フジテレビ」より

 3月21日、内村光良司会の『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)が7年半の歴史に幕を閉じた。常時、世帯視聴率10%前後は確実に獲得していた人気番組だったが、最近は低迷していた。

「最終回は世帯視聴率6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人4.2%と“通常”通りでした」(芸能ライター)

 だが、フジには『スカッとジャパン』以上に深刻な番組があるという。それが『VS魂』だ。

「3月17日の放送は世帯4.7%、個人2.8%と低迷。この日、テレビ東京系では『有吉の世界同時中継~今、そっちってどうなってますか?』が夕方6時30分から放送されていましたが、夜7時からの第2部は世帯4.5%、個人2.6%でした。つまり、テレ東にほぼ並ばれています。もちろん『VS魂』が勝つことがほとんどですが、うかうかしていられないといった状況です」(同)

『VS魂』の視聴率低迷は今に始まったことではないが、今年に入ってから特に落ち込みが激しいという。1月20日の放送では、世帯3.9%、個人2.5%という厳しいアベレージを叩き出してしまった。

「この日は、裏の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)で『グルメチキレース ゴチになります!23』の新メンバーがお披露目されました。その『ぐるナイ』は世帯15.2%、個人9.6%と同時間帯の民放1位。このように裏環境が厳しかったのは確かですが、それでもテレ東の『ナゼそこ?』は世帯6.5%、個人3.6%を取っています。

 翌週の1月27日はテレビ朝日系で『サッカーW杯アジア最終予選』が放送され、世帯16.2%、個人10.1%と断トツでした。その中にあって『プレバト!!』(TBS系)は世帯11.9%、個人6.7%、『THE突破ファイル』(日本テレビ系)も世帯9.7%、個人6.1%を記録。テレ東系の『超かわいい映像連発!どうぶつピース!!』でさえ世帯6.7%、個人3.9%です。その中で、『VS魂』だけは世帯4.9%、個人3.0%と、一人負け状態が続いています」(同)

『VS魂』まさかの女性離れ?

 これまで『VS魂』の支持層はF1(女性20~34歳)、F2(女性35~49歳)がメインだったが、そこにも異変が生じているという。

「いわゆるコア層ですが、そのコア層に届いている番組は、多い順に『突破ファイル』『プレバト!!』『VS魂』、テレビ朝日系の『ウラ撮れちゃいました』、テレ東となっています。テレ東の部分には、週によって『ナゼそこ?』や『有吉の世界同時中継』が入ります。ちなみに、『どうぶつピース!!』は3月31日をもって終了しました。いずれにしても、今の『VS魂』のF1・F2視聴率は『プレバト!!』にも負けてしまっているわけです」(同)

 しかし、『VS魂』はツイッターで毎週大盛り上がりしており、時にはトレンド入りを果たすこともあるが……。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合