NEW

人気クレカ対決「楽天カード」と「エポスカード」 ポイント還元や特典はどっちがお得なの?

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

社会人になればクレジットカードの1枚くらいは持っておきたいもの。でも、いったいどのクレカを選べばいいのだろうか? そこで今回は、比較的取得しやすいと言われている「楽天カード」と「エポス(EPOS)カード」のポイント還元率や使いやすさ、特典サービスなどを比較してみよう。果たしてどちらがお得なのだろうか?

「楽天カード」と「エポスカード」ってどんな違いがあるの?

新社会人になって一人暮らしを始めた人も多いだろうが、やはりクレジットカード(以下クレカ)の1枚くらいは取得しておきたいところ。

新社会人でも比較的入手しやすいクレカとしては、楽天が発行する「楽天カード」とマルイ(丸井)が発行する「エポス(EPOS)カード」がある。

楽天カードは2022年1月時点で2,500万枚を発行している超メジャーなクレカ。ご存じのように楽天市場を中心にした楽天グループのサービスをお得に利用できるのが特徴だ。

これに対し「エポスカード」はマルイでの買い物がお得になるちょっと都会的なクレカで、2022年3月時点で706万人が取得している。

いずれも、年会費無料のノーマルカード、有料のゴールドカード、ステイタスの高いプラチナ/プレミアムの3種類がある。

ただし、エポスカードはノーマルカードで年間50万円以上利用するとゴールドに招待(インビテーション)され、年会費5,000円が無料となる制度がある。

さらに、ゴールドで年間100万円以上利用すると、プラチナに招待され、通常の3万円の年会費が2万円で加入できるのだ。

楽天カードにはこのような制度はなく、長期的に利用してステータス性の高いクレカを目指すなら、エポスカードのほうがやや優位であろう。

楽天カード
(Image:rakuten-card.co.jp) 楽天カードは、上からノーマル(年会費無料)、ゴールド(年会費2,200円)、プレミアム(年会費1万1,000円)。1人で2枚目の楽天カードを申し込むこともできる
エポスカード
(Image:eposcard.co.jp) エポスカードは右からノーマル(年会費無料)、ゴールド(年会費5,000円・招待で無料)、プラチナ(年会費3万円・招待で2万円)の3種類がある

楽天カードのポイント還元は1% 楽天ペイでは1.5%還元も!

まずチェックするのは、クレカ利用でのポイント還元率だ。楽天カードは1%(100円1pt)なのに対し、エポスカードは0.5%(200円で1pt)となっており、これだけ見ればポイント還元は楽天カードのほうがお得。

しかも、楽天カードを持っていると、楽天市場の買い物でポイントが3倍、プレミアムカードなら5倍になるほか、毎月5と0の付く日はさらに+2倍されるのが大きい。

もちろん、楽天市場では楽天のサービス利用でポイント倍率がアップされる「楽天SPU」でも楽天カードが…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合