NEW

Windows 11システム要件を満たしていないパソコンに、Win11を実際にインストールしてみた!

文=すずきあきら/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2021年10月にリリースされた最新OSの「Windows 11」は意外とシステム要件が厳しく、4〜5年前に購入したパソコンでもアップグレードできないこともある。だが、「Rufus」というツールを利用すれば、わりと簡単にWindows 11のシステム要件チェックを回避して、非対応のパソコンにインストールすることが可能となるのだ。そこで今回は、実際に筆者が7年前に購入したパソコンにWin11をインストールしてみたので、今回はその方法を紹介しよう。

実は7年前の古いパソコンでもWindows 11にアップグレードする方法があった!

最新OSの「Windows 11」はセキュリティの要件が意外と厳しく、4〜5年前のパソコンでもアップグレードできないことがある。

そんななか、無料のブータブルUSBを簡単に作成できるアプリ「Rufus」が、最新版のv3.18においてWindows 11のシステム要件を回避する機能を搭載した。

実はMicrosoftの公式でも非推奨としながらも、システム要件を回避する方法を紹介している。つまり「Rufus」を使えば、あまりパソコンに詳しくない人でも、わりと簡単にシステム要件を回避するブータブルUSBを作成でき、Windows 11にアップグレードできるというわけである。

●Rufus(入手先)→こちら

そこで今回は、筆者がドスパラで2015年頃に買ったパソコンにWindows 11をインストールしてみたので、その手順を写真入りでじっくり解説しよう。

ちなみに、今回使用したのはMBがMSI「A78M-E35」でCPUは「AMD A4 7300 3.8GHz」、メモリはDDR3の8GBで、UEFIに対応しているものである。

PC正常性チェック
PC正常性チェックで筆者のパソコンを確認したところ、CPUがWindows 11のシステム要件に非対応であると判定を受けた。果たしてWindows 11をインストールできるのか?

「Rufus」でシステム要件を回避したWindows 11のブータブルUSBを作成する方法

システム要件を満たさない古いパソコンにWindows 11をインストールするには、最初に「Rufus」を利用してUSBメモリをブータブルデバイスにする必要がある。その後、古いパソコンに作成したブータブルUSBをさしてWindows 11をインストールするのだ。

「Rufus」の公式サイトで最新版アプリを入手し、あとは基本的に画面に従って作業すれば自動的にシステム要件チェックを回避したWindows 11イン…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合