NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

『カムカムエヴリバディ』が今後の“朝ドラの教科書”になる理由…その功績とは

文=成馬零一/ライター、ドラマ評論家
【この記事のキーワード】, ,
「連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』 - NHK」より
連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』 – NHK」より

 連続テレビ小説(以下、朝ドラ)『カムカムエヴリバディ』(NHK、以下『カムカム』)が4月8日に最終回を迎える。

 本作は3人の女性を主人公にしたリレー形式の朝ドラ。物語は、日本でラジオ放送が始まった1925年に生まれた安子(上白石萌音)から始まり、娘のるい(深津絵里)、孫のひなた(川栄李奈)へと引き継がれていく。

 脚本は、2007~08年に放送された朝ドラ『ちりとてちん』の脚本を手掛けた藤本有紀。

『ちりとてちん』は、コンプレックスが強くて自分に自信が持てないヒロインが、落語と出会ったことで成長していく姿を描いた朝ドラだった。「愛宕山」や「ちりとてちん」といった落語の演目を物語に絡めた巧みな脚本が高く評価され、視聴率こそ当時の朝ドラとしては決して高いものではなかったが、熱狂的なファンを獲得し、DVD-BOXが高セールスとなった。

 朝ドラのオールタイム・ベストに挙げられることも多い作品で、ヒロインが遭遇する母親との関係やライバル女性に感じる劣等感の見せ方は、後の朝ドラに強い影響を与えている。その意味で「朝ドラの教科書」と言っても過言ではない作品である。

 そんな『ちりとてちん』の藤本が、再び朝ドラを手がけるということもあり、放送前から『カムカム』は大きな話題となっていたのだが、『ちりとてちん』とは別の角度から朝ドラを更新する表現手法が多数持ち込まれた作品となっていた。

独自の緊張感と隠れたおもしろさ

 まず、『カムカム』を観ていて驚いたのは、時間の見せ方である。

 本作は「100年の物語」と銘打たれているのだが、時間の進み方が独特で、1話で1年を描いてしまうこともあれば、2週間かけて同じ時代を延々と見せることもある。

 朝ドラは1話15分の放送で、1週間5話(月~金)を2クール(半年)にかけて放送する。そのため、多くの朝ドラは1週間単位で物語の構成を組み立てていくのだが、『カムカム』の構成はとても変幻自在で先が読めない。たとえば、安子編が終わり、るい編が始まる38話の放送は水曜日だった。物語の切り替わり方も、安子がるいを置き去りにしてアメリカに旅立ち消息不明となり、そこから数年が経過するという唐突な展開で、視聴者を唖然とさせた。

 細部まで作り込まれた良質なエピソードが続き、安定感が生まれたかと思うと、突然、視聴者を唖然とさせるような超展開が起きるという緩急の激しさが、本作に独自の緊張感を与えていた。

 短編小説のような切れ味の良さを見せる回もあれば、ゆったりとした時間の流れの中で人間が変化していく様子をさりげなく描くこともあり、100年という時間をキャンバスにして、自由自在に物語を紡ぎ出していた。

 次に画期的だったのがナレーションだろう。『カムカム』では俳優の城田優が日本語と英語が混在したナレーションを担当しているのだが、時代背景やヒロインの心情説明は最小限に抑えられており、ラジオやテレビで流れるニュースやその時代のヒット曲が、間接的に時代背景や登場人物の心情を説明するものとなっていた。

『テレビドラマクロニクル 1990→2020』 昭和の終わりとともに世紀末を駆け抜けた1990年代の旗手・野島伸司。マンガ・アニメとの共鳴で2000年代の映像表現を革命した堤幸彦。若者カルチャーの異端児から2010年代の国民作家へと進化を遂げた宮藤官九郎。平成を代表する3人の作品史をはじめ、坂元裕二、野木亜紀子などの作家たちが、令和の現在に創作を通じて切り拓いているものとは――? バブルの夢に浮かれた1990年からコロナ禍に揺れる2020年まで、480ページの大ボリュームで贈る、現代テレビドラマ批評の決定版! amazon_associate_logo.jpg

RANKING

17:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合