NEW

最近見かける「Wi-Fi 6E」って何なの? 従来の「Wi-Fi 6」とは何が違うかザックリ解説

文=すずきあきら/編集・ライター
【この記事のキーワード】, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

アナタは自分のノートパソコンのWi-Fiがどんな規格に対応しているかご存じだろうか? もし、「Wi-Fi 6(11ax)」なら高速規格なので安心だ。しかし、最近発売されているノートパソコンのなかには“Wi-Fi 6Eに対応”と表記されている機種も見かける。これっていったい何なの? 従来の「Wi-Fi 6」とは違うものなのだろうか? そこで今回は、Wi-Fi規格の基本と次世代規格「Wi-Fi 6E」について解説しよう。

そもそも現状のWi-Fi規格はどうなっている?

アナタのスマホやノートパソコンのWi-Fi(ワイファイ)は、どんな規格に対応しているだろうか? もし、最新の「Wi-Fi 6」に対応しているなら、かなり高速でネットに接続できているはずだ。

そもそも無線LANの規格は「米国電気電子学会(IEEE・アイ・トリプル・イー)」で定められたもので、業界団体の「Wi-Fi Alliance」が互換性を認定した製品には「Wi-Fi」ロゴの表示が認可されている。

現状では、IEEE 802.11n規格は「Wi-Fi 4」、IEEE 802.11ac規格は「Wi-Fi 5」、IEEE 802.11ax規格はWi-Fi 6という愛称で呼ばれているのだ。

もし、Wi-Fiの規格について知りたい場合は、こちらの記事で詳しく解説しているので確認してほしい。

2019年に登場した最新・最速規格「11ax(Wi-Fi 6)」は、2.4GHz帯と5GHz帯の2つを利用しており、最大速度9.6Gbpsと超高速だ。

もちろん、「11ax(Wi-Fi 6)」はすでにiPhone 11/12/13や、5G対応のAndroidスマホでも広く使われており、Wi-Fi 6に対応するWi-Fiルーターも数多く販売されている。

ところが、最近のノートパソコンでは「Wi-Fi 6E」に対応している機種もチラホラ見かけるようになってきた。「Wi-Fi 6E」は従来の「Wi-Fi 6」と何がどう違うのだろうか?  

■Wi-Fiの規格

【Wi-Fi 4】IEEE802.11n(2.4GHz/5GHz)最大600Mbps
【Wi-Fi 5】IEEE802.11ac(5GHz) 最大6.9Gbps
【Wi-Fi 6】IEEE802.11ax(2.4GHz/5GHz) 最大9.6Gbps

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合