NEW

【iPhone】Safariが使いやすくなる便利な「機能拡張」9選

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

iPhoneがiOS 15にアップデートされたことで、Webブラウザアプリの「Safari(サファリ)」でも機能拡張(アドオン)が利用できるようになったのをご存じだろうか? 機能拡張を追加すれば、本来Safariにはない機能が使えるようになるので、これまで以上に便利になる。そこで今回は、iPhoneのSafariで使えるオススメの機能拡張を紹介しよう。

iOS 15ならSafariの「機能拡張」で新機能が追加できる!

iPhoneのデフォルトWebブラウザは「Safari(サファリ)」だが、iOS 15のアップデートにより「機能拡張(アドオン)」が使えるようになったのはご存じだろうか?

そもそも「機能拡張」は、Webブラウザにない新たな機能を追加すること。Safariに新たなプログラムをインストールすることによって、より便利にSafariが使えるようになる。

たとえば、Safariのスタートページをカスタマイズしたり、YouTubeの動画をピクチャ・イン・ピクチャで表示するなど、本来Safariが持っていない機能が利用できるのだ。

実は、パソコン(Mac)版Safariでは以前から機能拡張を利用できていたが、iOS 15にアップデートされて、ようやくiPhoneやiPadでも機能拡張がサポートされることになったというわけだ。

Safariで機能拡張を追加する方法は簡単だ。iPhoneの「設定」から「Safari」→「機能拡張」で、さまざなな機能を検索することができる。

機能拡張を追加する方法1
Safariに機能拡張を追加するには、まずiPhoneの「設定」から「Safari」をタップし(左写真)、「機能拡張」を選択する(右写真)
機能拡張を追加する方法2
「機能拡張」で「機能拡張を追加」をタップ(左写真)。すると「Safari機能拡張」のページが開くので、追加したい機能を探してみよう(右写真)

【1】Safariの画面を「ダークモード」にする

そもそも、iPhoneは「設定」の「画面表示と明るさ」から「ダークモード」を選ぶことができる。iPhoneの画面を黒くすることで多少は省エネになるが、「Safari」のWebブラウザ画面は白いままである。

そこでオススメしたいのが「Noir-Dark Mode for Safari」という機能拡張だ。これは有料(370円)だが、機能拡張が追加されるとブラウザのメニューから「Dark Browser」を選択することで、Safariの画面が黒くなるのだ。

●AppStore「Noir – Dark Mode for Safari」は→こちら

【iPhone】Safariが使いやすくなる便利な「機能拡張」9選の画像1
(Image:apps.apple.com) 「Noir-Dark Mode for Safari」は370円の有料機能だが、追加すればSafariの画面を黒くできる

【2】YouTube動画の再生画面以外を暗くする

「Noir-Da…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合