NEW
赤石晋一郎「ペンは書くほどに磨かれる」

朝鮮半島、有事勃発の懸念も…韓国、尹新政権発足で激動の時代に突入必至

文=赤石晋一郎/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,

 尹錫悦新大統領には少数与党であるという政権基盤の弱さがある。日本の岸田政権は安定与党だが、外交方針への一貫性に疑問の声が出ている。複雑化した日韓関係を正常化させるためには日韓の両サイドに大きな不安要素がある、といえそうだ。

米韓関係に大きな変化

 大きく変わる可能性があるのが米韓関係だろう。尹氏は、米国・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)に「韓米日協力、韓日関係改善が重要だ」というメッセージを伝えたように、文政権と違う外交スタンスを取っていくと予測されている。大まかにいうと文在寅政権が「親北朝鮮・反日路線」だったとすると、尹政権は「親米・親日路線」としてスタートする可能性が高い。

 韓国保守論陣のなかでは長らく、韓国はいま新たな選択が迫られているという議論があった。その議論とは、米国と中国のどちらを選択するのか、という現在国際社会で各国が突きつけられている課題である。地政学的に北朝鮮を挟んで中国・ロシアという大国と近い場所に位置する韓国は、近年はイデオロギーに翻弄されてきた国でもあったといえる。国家が南北に分断されることになった朝鮮戦争も、その一つの事柄であったといえよう。

 北朝鮮の金日成(故人・元主席)は日米韓の連携を分断するために“カックン理論”というものを提唱していたという。“カッ”は朝鮮の知識層が被った伝統的な帽子で、“カックン”は顎紐のこと。韓国の力を奪うためには、日本、米国のどちらかを切ればいいというのがカックン理論だった。紐の一方だけを切れば韓米日の三国間のバランスを崩すことができ、韓国社会は揺らぐという理屈。文大統領はこの理論を踏襲するかたちで反日的な行動を行っていた、という評価が保守論陣のなかにはあったのだ。尹政権ではこの崩れたバランスを再構築することが、まずは第一の目標となるはずだ。

 一方で日米に近づくということは、韓国にとってはリスクでもある。つまり朝鮮半島の緊張が再び高まることが予想されるからだ。実際に北朝鮮のミサイル実験が活発化しており、北朝鮮の金与正朝鮮労働党副部長が4月2日付の談話で、韓国に向け、「南朝鮮に対する多くのことを再考する。惨事を避けようとするなら自粛すべきだ」と脅しのようなコメントも発表している。この談話は、尹氏が北朝鮮のミサイルに対抗するため有事の先制攻撃能力保有を訴えていることへの牽制だとも分析されている。

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合