NEW

印象操作&批判封殺?二宮和也『マイファミリー』絶賛のネット記事だらけの不気味さ

【この記事のキーワード】, ,
印象操作&批判封殺?二宮和也『マイファミリー』絶賛のネット記事だらけの不気味さの画像1
TBS放送センター(「Wikipedia」より)

 嵐・二宮和也が主演を務める、TBS系「日曜劇場」枠の連続テレビドラマ『マイファミリー』第1話が4月10日に放送された。初回の平均世帯視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好発進。各種ニュースサイトでも、基本的にはポジティブな論調で報じられているようだ。

 二宮が在籍する嵐は、2020年の大みそかをもってグループ活動を休止。以降、リーダーの大野智は休業に入り、二宮、櫻井翔、相葉雅紀、松本潤はそれぞれ個人での活動を継続中だ。

 21年4月期に櫻井と広瀬すずのダブル主演作『ネメシス』(日本テレビ系)、同10月期に相葉主演の『和田家の男たち』(テレビ朝日系)、今年1月期には松本主演の『となりのチカラ』(同)と、メンバーの主演ドラマが順々にオンエアされ、今期は“嵐きっての演技派”といえる二宮の『マイファミリー』が満を持してスタート。「日曜劇場」枠はTBSの“看板枠”とあって、同局やジャニーズ事務所の気合いも感じられ、ニュースサイトなどでも放送前から同ドラマの内容、また二宮の演技力に期待するような記事が多くみられた。

 そんな『マイファミリー』の主人公は、ゲーム会社「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の社長・鳴沢温人(二宮)。妻・未知留(多部未華子)との間には小学生の娘・友果(大島美優)がいるのだが、ある日、その娘が誘拐されてしまう。犯人が要求する身代金は5億円。大切な娘を攫われた温人が、妻と力を合わせて誘拐犯と戦っていく“ノンストップファミリーエンターテインメント”となっている。なお、二宮と多部は07年7月期放送の同局ドラマ『山田太郎ものがたり』以来、15年ぶりに共演を果たした。

『マイファミリー』の登場人物はほかに、鳴沢夫妻の親友で弁護士の三輪碧(賀来賢人)に元刑事の東堂樹生(濱田岳)、神奈川県警捜査一課の警部・葛城圭史(玉木宏)、新人刑事・梅木司(ジャニーズJr.内ユニット・美 少年の那須雄登)、警視・吉乃栄太郎(サンドウィッチマン・富澤たけし)、「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の最高執行責任者で温人のビジネスパートナー・立脇香菜子(高橋メアリージュン)、ネットサービス企業・NEXホールディングスの最高執行責任者である阿久津晃(松本幸四郎)など。

 友果が誘拐され、温人の通報によって葛城ら警察が鳴沢家にやって来たり、未知留が三輪&東堂にSOSを求めたりした第1話。ネット上には、

「ニノと多部ちゃんの組み合わせも最高だけど、ほかのキャストも豪華!」

「ミステリー要素が多くて引き込まれた。今後の展開が楽しみ」

「謎解きしながら視聴するドラマは流行ってるし、やっぱり面白いよね」

といった声が寄せられた。

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合