NEW

『朝まで生テレビ!』が酷いことに…88歳・田原総一朗氏の暴走&滑舌問題が深刻化

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】,
「朝まで生テレビ!」より
朝まで生テレビ!」より

 放送開始から35年を迎えた討論番組『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)。同番組の司会をスタート当初から務めるのが、ジャーナリストの田原総一朗氏だ。4月15日に88歳の誕生日を迎えた田原氏は現在もジャーナリズムの第一線で活躍しているが、最近はネット上で以下のような辛辣な声も散見される。

「もう田原さんは番組を辞めた方がいい。人の話を理解してないし、滑舌が悪く言ってることも聞き取れない。荻上チキさんとか、ちゃんと問題を切り分けられる人を希望する」

「田原さんの滑舌も寂しいかぎりになってきましたし。昔はもっと切れ味あったんですけどねぇ。映画監督の大島渚さんとか出てた時あたりですね」

「朝まで生テレビは本当に年々酷くなってる。田原に識者の意見を理解する力がもはや無く、有益な議論に発展することが無い」

 田原氏の率直な物言いや、各論客との丁々発止のやり取りは『朝生』の醍醐味のひとつであることは間違いない。しかし、人の話を遮ったり、いきなり一人でヒートアップしたりすることも多く、最近では国際政治学者の三浦瑠麗氏に「田原さん、最後まで話を聞いてください」とたしなめられる場面もあった。

「もはや人間・田原総一朗を見届けるドキュメンタリーだと思えば貴重な番組ですが、最近は、やはり“滑舌”の問題が気になってしまいます」(テレビ業界関係者)

進行役の発言が聞き取れない?

 3月18日深夜の放送回のテーマは「激論!ウクライナ侵攻 ド~なる?!世界 ド~する?!日本」だった。この討論中、田原氏の発言で聞き取れなかった部分(@@@)を書き出してみよう。

「バイデンと習近平の会談が行われて、そのうちにきっと@@@が入ってくると思う。そこで@@@さんなんですよね」

「@@@は、情報を取るべく金を@@@して世に@@@けれども、何、@@@は気が緩んでるの? @@@がたるんでるの?」

「ウクライナあるいはウクライナの@@@と、ロシアの間に停戦協定が何度か行われて……」

「そんな@@@って言ったってプーチン答えないよね?」

「はっきりいえば松川さんは中国は@@@反対なんだ。松川さんは@@@すみません! 松川さんの気持ちを僕が慮って言うと、中国はこれを仲裁することで台湾攻撃を有利にしようと思ってるんじゃないかと思ってるんでしょ?」

「廣瀬さん、どう、そのへん? まったくプーチンは、大統領の資格がないと。@@@って@@@っているんだけど」

 もちろん、視聴者の中にはしっかり聞き取れた人もいるであろうし、前後の文脈で何となく言いたいことがわかる部分もあるが、討論番組の進行役としてはいかがなものだろうか。

 また、田原氏は白熱している議論を意図的に止めることも多い。

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合