NEW

「そういうタイプの劇作家」 伊藤沙莉と熱愛の蓬莱氏に多重交際報道、危険な男の素顔

文=Business Journal編集部、協力=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
「そういうタイプの劇作家」 伊藤沙莉と熱愛の蓬莱氏に多重交際報道、危険な男の素顔の画像1
伊藤沙莉のInstagramより

 女優の伊藤沙莉との熱愛・同棲が報じられていた劇作家の蓬莱竜太氏が、若手女優と“多重交際”していると21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。

 現在27歳の伊藤は9歳のときにテレビドラマ『14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜』(読売テレビ・日本テレビ系)で子役デビューした後、『女王の教室』(日本テレビ系)や『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)、『GTO』(関西テレビ・フジテレビ系)など数々の話題作に出演し、順調にキャリアを重ねてきた。

 そんな伊藤の存在が注目されるきっかけとなったのが、3年前に配信されたNetflixオリジナルドラマ『全裸監督』への出演だった。伊藤は主人公の映像作品監督・村西とおる(山田孝之)とその恋人で女優の黒木(森田望智)を支える小瀬田順子という重要な役どころで出演。村西がたびたび口にする「順子!」というセリフとともに、その存在が多くの人に知られることとなった。

 そして昨年放送の連ドラ『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ・フジテレビ系)では絶妙なテンポと間合い、乾いた声質のナレーションが絶賛され、今年1月期の『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)でも主人公・久能整(菅田将暉)に密かに恋心抱いているかのようにもみえる女警察官・風呂光聖子を演じ切り、高い評価を得るなど、今もっとも旬な女優の一人といえる。

 一方、現在46歳の蓬莱氏は、自身が立ち上げた劇団モダンスイマーズに所属する脚本家・演出家で、2009年には岸田國士戯曲賞を受賞。映画やテレビドラマの脚本も手掛けるなど、演劇界では知られた存在だ。

 そんな2人が恋人関係にあると今月発売の「フライデー」(講談社)がスクープ。直撃取材を受けた2人の微笑ましい対応が“神対応”だとして、伊藤の株がさらに上がっていた。

演劇の世界は恋愛が生まれやすい?

 だが、熱愛発覚からわずか1週間後、2人の関係を揺るがす報道が飛び出た。「文春」によれば、蓬莱氏はすでに伊藤との交際が始まっていた4月某日、伊藤と同じ27歳の女優・鈴木たまよと2人きりで飲食店で酒を飲み、そのまま深夜、2人で鈴木の自宅に入り時を過ごしたという。

 報道を受け伊藤は自身のTwitter上に

<私はお2人が友人なのは知っています。そして何より蓬莱竜太さんを知っています。信じているというのではなく、知っています。知った上であえて言えることは 大丈夫です。ってことくらいです。可哀想でも被害者でもなんでもないです>

などと投稿したが、演劇関係者はいう。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合