NEW

東谷義和氏“金勘定と今後”…ドクターAの4000万融資でBTS詐欺被害者に弁済開始?

文=藤原三星
【確認中】東谷義和氏、ドクターAの4000万融資でBTS詐欺被害者に弁済開始?その金勘定と今後の画像3
ガーシーの暴露ネタはまだまだ氷山の一角か? それにしても、ここまでガーシーchが伸びた一因は彼のトークスキルなのかも。巧みな話術で多くの人を惹きつけているようだ。(画像はYouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】より)

ネット上でこそ大盛りあがりはするものの、対世間に関していえば“不発”状態

 この4月7日に登録者数が100万人突破した際には、新田真剣佑の「ステマ疑惑」や「淫らな女性関係」の暴露爆弾が投下され、再び芸能界を震撼させることに。

 あるスポーツ誌の記者はこの爆弾の余波をこう分析する。

ガーシーの暴露に慣れてきた視聴者にとって、ステマ疑惑、脱税、淫らな女性関係は想定内。真剣佑さんはすでに撮影が完了しているハリウッド映画『Knights of the Zodiac(聖闘士星矢)』で主演を、またネットフリックスで制作される『ONE PIECE』にも出演するとあって、ガーシーは『この2本をお蔵入りにするまで暴露を続ける』と鼻息を荒くしていましたが、真剣佑さんが逮捕でもされない限り、実際問題その可能性は極めて低いでしょう。真剣佑さんは海外に拠点を移しており、ガーシーがどれだけ証拠LINEをYouTubeにアップするなどしても、明確な犯罪行為でもない限り、刑事事案として警察が捜査に乗り出すなどといったことはまずないでしょうしね。

 そもそもガーシーにも詐欺疑惑があることもあって、一般の芸能プロや大手主要メディアも、いまだに彼のことを黙殺状態。国会で名前が出たのも、NHK党の議員が『スキャンダルを暴露された城田優を朝ドラで使うのはいかがなものか』と糾弾したかっただけで、これも世間的には黙殺されています。つまりガーシーの一連の爆弾投下行為は、ネット上でこそ大盛りあがりはするものの、一般社会にまで影響を与えているかというと、“不発”状態なわけです。

 暴露を続けて芸能界の闇に光を当て“世直し”をたくらむガーシー自身はダークヒーロー気取りでも、結局のところまずは、みずからがしでかした詐欺行為を解決することが先決ということでしょう。5月中旬に無事に換金できれば、月の売り上げは1500~2000万円は堅いはず。このままのペースでいけば、年収2億も夢ではないでしょう。ただ、ガーシーの暴露にも徐々に新鮮みが失われつつあるので、ここからこの勢いをどう存続させていくかが、彼にとって勝負では。登録者数は100万人を超えていても、再生回数がまったくともなってないチャンネルはたくさんある。つまりガーシーchは、暴露される芸能人にとってのみならず、本人にとってもまだまだ予断を許さない状況にあるわけです」

 YouTube界に颯爽と現れた色黒中年ダークヒーロー、ガーシーこと東谷義和。数々の暴露爆弾でネット民を歓喜させてきたが、ガーシーに課せられた“ハードル”は上がるばかり。彼が過去を清算し、真のヒーローになる日は訪れるのか? まだまだしばらく目が離せそうにない。

(文=藤原三星)

藤原三星(ふじわら・さんせい)

藤原三星(ふじわら・さんせい)

ドラマ評論家・コメンテーター・脚本家・コピーライターなど、エンタメ業界に潜伏すること15年。独自の人脈で半歩踏み込んだ芸能記事を中心に量産中。

Twitter:@samsungfujiwara

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合