NEW

「iPhoneのバッテリーの減りが早い!」を解決する5つのチェックポイント

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

長年iPhoneを使っていると、経年劣化で次第にバッテリーの減りが早くなってくる。それはやむを得ないことなのだが、実はバッテリー自体が劣化したのではなく、アプリの使い方や充電ケーブルなどが原因となっている可能性もある。iOS 15ではバッテリーに起こっているトラブルを可視化できるツールも用意されているので、今回はiPhoneのバッテリーの減りが早くなる原因を探り、その解決策について解説したいと思う。

iOS 15ではバッテリーの状態が「見える化」されている

iPhoneは非常に高価なので気軽に買い替えられるものではない。だが、何年も使い続けていると、次第にiPhoneのバッテリーの減りが早くなってしまうのが悩ましいところ。

iPhoneのバッテリーは大切に使っていても経年劣化してしまうが、Apple公式によると「フル充電サイクルを500回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大80%を維持する」ように設計されているという。

●Apple「iPhone のバッテリーとパフォーマンス」(公式)→こちら

つまり、iPhoneを毎日フル充電していれば、2年くらいで蓄電容量80%を維持できなくなる場合もあるということだ。

そこでiOS 15のアップデートでは、バッテリーの消費を早めている原因が何なのか確認できる「見える化」ツールが導入されている。

もし、「最近iPhoneのバッテリー消耗が激しい…」と感じているなら、手持ちのiPhoneを快適に使い続けるためにも、バッテリーの状態を確認して、消耗を早めている原因を突き止めて対策しておくべきだろう。

バッテリー状態を確認する方法
iOS15.4.1のiPhoneで、設定の「バッテリー」項目の表示内容を確認してみた。以前より表示内容が充実しているのが分かるはずだ

【POINT 1】Apple非公認の充電ケーブルを使っていないか?

iPhoneを充電するとき、多くの人はApple純正もしくはApple公認のケーブルを使用しているだろうが、もし、非公認のケーブルを使っているなら、今すぐ見直してほしい。

Apple非公認のケーブルは品質が保証されていないため、供給される電圧の違いなどから、バッテリーに負荷をかける恐れがあるのだ。

今ではiPhone用Lightningケーブルはさまざまな種類が大量に販売されているが、なかには異常に安く売られている非公認の粗悪品も含まれているので注意してほしい。

Apple公認の製品は「MFi認証」を受けており、パッケージに『Made …

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合