NEW

「楽天ペイ」と「PayPay」は結局どっちが得か? メリットとデメリットを比較

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

スマホ決済アプリといえば加入者数No.1の「PayPay」や、総合満足度No.1の「楽天ペイ」(MMD研究所調べ)を思い浮かべる人が多いだろう。どちらも使える店舗が多いので使いやすいが、果たしてどっちがお得なのだろうか? そこで今回は「PayPay」と「楽天ペイ」のメリットとデメリットを調査して、どっちがお得なのか検証してみたいと思う。

数字で見る「PayPay」と「楽天ペイ」の特徴とは?

アナタはスマホ決済アプリに何を使っているだろうか? 現在、スマホ決済アプリ加入者数で断トツのトップをキープしているのが、2022年4月時点で4,700万人を突破した「PayPay」だ。PayPayが使える加盟店数も366万カ所以上(2022年3月時点)に達している。

PayPayの登録者数
(Image:about.paypay.ne.jp) PayPayの登録者数は2022年4月時点で4,700万人、加盟店数は全国366万カ所を超えており、とにかくリアル店舗での利便性が高いのが特徴(画像はPayPay公式サイトより転載)

これに対し、MMD研究所による「QRコード決済の満足度(2022年1月)」調査では、楽天ペイが総合満足度で1位を獲得している。

実は、楽天ペイの加入者数は非公開だが、利用できる店舗数は500万カ所を超えている(2020年11月時点)。また、楽天グループのクレカ「楽天カード」は2021年12月時点で2,500万枚を突破、楽天会員のID数は2021年12月時点でなんと1億を超えているのだ。

というわけで、数字で見る限りPayPayと楽天ペイは甲乙つけがたいスマホ決済アプリの両横綱だと言えるだろう。きっとアナタもこのどちらか、あるいは両方のスマホ決済アプリを利用していると思う。

そこで今回は、PayPayと楽天ペイのメリットとデメリットを比較することで、どちらがお得なのか検証してみたいと思う。果たして、本当にお得なのはどっちなのだろうか?

QRコード決済の満足度調査(2022年1月)MMD研究所調べ
MMD研究所の調査では総合満足度で、PayPayをおさえて「楽天ペイ」が1位を獲得している(「MMD研究所」調べ)

出典元:MMD研究所「QRコード決済6サービスの総合満足度1位は「楽天ペイ」」→こちら

PayPayにはどんなメリットがある?

PayPayはソフトバンク&Yahoo!JAPANグループのスマホ決済アプリだ。とくにポイント還元キャンペーンの「ペイペイジャンボ」を含む「超ペイペイ祭」などが頻繁に実施されていることや、普段から5〜20%ポイント還元される「ペイペイクーポン」などが利用できるのがお得。

また、スマホ決済アプリのなかではPayPayが利用できるお店はかなり多く、地方の個人商店レベルでも使えるお店が多い。実はこれがPayPay…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合