NEW

『ヒヤマケンタロウの妊娠』賛否両論の議論沸く…全人類が観るべき、気持ち悪い

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
『ヒヤマケンタロウの妊娠』賛否両論の議論沸く…全人類が観るべき、気持ち悪いの画像1
Netflix『ヒヤマケンタロウの妊娠』

 4月に配信がスタートした、男性妊婦の葛藤を描くNetflix・テレビ東京の共同企画・製作ドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』。配信直後にはNetflixの国内人気ランキングで2位につけるなど多くの視聴者を獲得する一方、その内容には賛否両論の声があがっている。また、4月にはNetflixの有料会員数が20万の純減(2022年第1四半期)になったことが発表されたが、その理由について同ドラマに海外で不評の声があがっていることと結びつける報道も出ている。

 同名マンガ(作・坂井恵理/講談社)を原作とするこのドラマは、広告会社に勤務するやり手のクリエイター・桧山健太郎(斎藤工)が主人公。仕事も順調で、常に複数の女性たちと関係を持ち独身生活を謳歌するなど、何事も計画性をモットーに起用にこなす“モテ男”健太郎だったが、ある日突然、自身の妊娠が発覚。健太郎は赤ちゃんの母親だと考えられるフリーライター・亜季(上野樹里)に中絶への同意書にいったんは署名してもらうものの、仕事で陥った窮地から脱出する策として男性妊婦であることを利用しようと考え、また、病院で知り合った男性妊婦の話にも影響され、出産を決断。周囲からの偏見や妊婦が味わう心身の変調、そして亜季との価値観のすれ違いなどに苦しめられながらも、自身が広告塔になることで男性妊婦であることを仕事にプラスに結びつけ、メディアにも積極的に露出して一躍、時の人となる。

 そんななか、同じ男性妊婦同士が悩みを共有して問題を解決していくオンラインサロンを立ち上げ、活動を続けるなかで、桧山のなかには、妊婦以外にもさまざまなハンディキャップを抱える人やマイノリティの人が生きづらさや偏見に悩まされている社会を変えていきたいという思いが芽生える――というストーリーだ。

<とてつもなく良い作品でした>

 お腹が大きくなった斎藤工を上野樹里が後ろから抱きかかえるというインパクトのある宣伝ビジュアルや予告動画の効果もあってか、前述のとおり本ドラマは配信直後からヒット作の仲間入りを果たし、Twitter上では以下のように絶賛の声が集まる一方、不評の声もあがるなど、評価は分かれている。

<全人類観た方がいい…めちゃくちゃ面白い 初めて父親側の当事者じゃない感とか、本当に自分の子?って思っちゃうかんじわかった…相手の立場に立つのって自分の想像だけじゃ難しいね>

<とてつもなく良い作品でした。最後の6分を、3回、泣きながらリピートしました。ジェンダー、地域格差、偏見…丁寧におしゃれに新しく描かれていました>

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合