NEW

ユニクロ・柳井社長、ロシア事業停止の判断「遅れていない」と反論…ウクライナ侵攻で

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,

 柳井正氏は政治から自立した「独立自尊の商人」を自負しているが、政治とビジネスは不可分の関係になっている。欧米では企業やスポーツ選手も政治的スタンスを明確に示し、曖昧な姿勢だと批判を受けやすい。海外展開する企業は、内乱やクーデターに直面すれば否応なしに対応を迫られる。国際法違反や人道的な側面をどう判断するかが重要になってくる。ファストリには柳井氏に“本音”でアドバイスできる側近がいるのであろうか。

 4月14日に発表した22年2月中間決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比38.7%増の1468億円で過去最高だった。営業利益も12.7%増の1892億円で過去最高。売上高にあたる売上収益は1.3%増の1兆2189億円だった。新型コロナウイルス感染拡大からの景気回復が進む欧米などが好調で、日本や中国の落ち込みを補った。ロシア事業の売上高に占める割合は2%程度だったことを明らかにした。

(文=Business Journal編集部)

 

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合