NEW

「灘校の机椅子、特殊すぎる」ツイートに反響!「キツそう」しかし理由が奥深い

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

灘校の伝統のひとつは、スチール製の鉄パイプが足となっており、天板は木、その下にちょっとした教科書が入れられるスペースがある。両サイドには体操服などの袋を引っかけるフックが付いていたり、シンプルな作りではあるが、機能性はかなり優秀だ。

2022年5月3日に投稿された、lantern@lantern_chさん「灘校の机、特殊すぎる」というツイートには、机と椅子が一体型となっている学習机の写真が添えられている。この投稿は、瞬く間に3.1万件を超える「いいね」がつき、多くのツイッターユーザーたちからの反響を呼んだ。

今日は、この不思議な学習机の詳細と、さまざまなコメントをご紹介したい。

不思議な学習机の正体は?

灘高等学校とは、兵庫県神戸市東灘区にある、中高一貫教育を提供する私立の男子中学校・高等学校である。現役生は、そのほとんどが国立大学に進学するとも言われており、日本国内においては、トップクラスの進学校だ。

偏差値の高い学校が導入していると聞くと、机と椅子が一体となった、この不思議な学習机には、何かスゴイ秘密が隠されていそうである。ちなみに、普通の府立高校出身の筆者は、このような学習机をお目にかかるのは今回がはじめてなので、その効果のほどは皆目、見当もつかない。

この一風変わったスタイルの学習机の詳細に関して、現役の灘校生や卒業生たちからは、「これは机椅子と言いまして、灘の名物的な感じです」との声や、「生徒の姿勢が悪くならないように灘校に導入されたもので、灘校の伝統のひとつ」との回答が寄せられている。

机椅子のメリット・デメリット!

また、ツイッター上では、実際に机椅子を使ったことのあるユーザーから、「数十年前、高校時代の音楽室の机と椅子がこんなのでした。体格が合わなくて苦労しました」との声や、「椅子の位置を変えられないので、非常に不便です」などのコメントも来ていた。全体的に見ても、やはり使い勝手の悪さを指摘する声が多く、人によって合う合わないが大きくわかれそうな代物である。

ただし、机椅子にはメリットも多数あるのだ。授業中に椅子を引いたり、ずらしたりができない作りなので、「ギィギィ」「ガ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合