NEW

自動車税をキャッシュレス決済でお得に支払う方法【2022年最新版】

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

毎年5月になると届く「自動車税(種別割)納付通知書」。近年、クレジットカードはもちろん「nanaco」「PayPay」「au PAY」「FamiPay」などでも支払えるようになっているので、少しでも得する支払い方法を知りたいところ。しかし、毎年ルールの変更やキャンペーンが実施されているので、どれがいちばんお得なのか分かりにくい。そこで今回は、2022年(令和4年)の自動車税の支払いはどのキャッシュレス決済がお得なのか検証してみよう。

自動車税の支払いはキャッシュレス決済でお得に!

自動車を所有していると、毎年5月に「自動車税(種別割)納付通知書」が届く。自動車税は軽自動車でも1万円以上、排気量6L以上なら11万円も納付しないといけないので、少しでも得したいところ。

近年、自動車税はさまざまなキャッシュレス決済が利用できるようになっており、わざわざコンビニや銀行の窓口に現金を持って行かなくても、自宅でスマホやパソコンから簡単に納付することが可能となっている。

決済方法はクレジットカード(以下クレカ)のほか、nanacoなどの電子マネー、PayPay、au PAY、FamiPayなどのスマホ決済アプリでも支払いが可能となっている。

自動車税がどのキャッシュレス決済に対応しているかは、自治体ごとに異なるので、事前にチェックする必要があるが、たとえば、東京都の場合は以下のような方法が利用できる。

■東京都税のキャッシュレス決済方法

【スマホ決済アプリ】
・PayPay
・au PAY
・d払い
・J-Coin Pay
・LINE Pay
・PayB(ペイビー)
・モバイルレジ

【クレカ】
・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
・Diners Club(ダイナースクラブ)
・TS 3(TS CUBIC)

【ネットバンキング・ATM】
・ペイジー(Pay-easy)

ただし、自動車税をキャッシュレスで支払う場合、納付書に領収日付印が押印されないため、車検が近い人は注意が必要だ。

実は、自動車税をキャッシュレス決済で納付すると、車検時に納税証明書の提示を省略できるようになるのが便利だが、その情報が運輸支局及び自動車検査登録事務所の窓口で更新されるまでに10日程度かかってしまう。

そのた…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合