NEW

レジで「EdyとiDを聞き間違える問題」ついに決着か? 見つかった対処法が反響を呼ぶ!

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「電子マネー」とは、電子データのやりとりで決済を行うサービスのことである。現金を持ち歩かずに済むことが、スムーズな決済につながるだけでなく、衛生的であるとも評価されており、コロナ禍においても需要が拡大しているそうだ。さまざまな種類の電子マネーが登場した昨今、中には「思いがけず名称の発音が似てしまった」という電子マネーも存在する。

2022年5月7日に投稿された、かびかび@Not_kabipuさん「EdyとiDの対処法」というツイートには、1枚の写真が添えられている。この投稿には、2500件近い「いいね」がつき、多くのツイッターユーザーからの反響を呼んだ。

今回は、こちらのツイートの詳細と、コメント欄に寄せられたさまざまな意見をご紹介したい。

聞き間違いの多い楽天EdyとiD

ネット上では、電子マネーの「楽天Edy」と「iD」について、いざ、レジ前でどちらを使うか伝える時に、聞き間違いが多いことが、たびたび話題に上がっていた。カタカナに直すと、語尾の「ディ」という発音が同じなので、自分で呟いてみても、たしかに違いがわかりにくい。

最近は感染対策のために、マスクを着用したり、レジ前がビニールで仕切られているお店も多いので、聞き取りにくさも倍増だ。

「楽天Edy」と「iD」
(画像は各公式サイトより引用)

多くの人がこの「楽天EdyとiDがわかりにくい問題」にぶつかる中、埼玉・群馬を中心に関東で展開しているスーパーマーケット「ベルク」では、かびかびさんが投稿した画像の形式で、楽天EdyとiDをわかりやすく区別している。

具体的には、楽天Edyを使いたい人は「1番」、iDを使いたい人は「2番」と答えてくれ、というポップをレジ前に掲示したのだ。何度も聞き返したり、聞き間違いがあったりした末、最終的にこの方法に落ち着いたのだろう。これもひとつの企業努力である。

技術革新の成果である電子マネーに関することを、まさかの紙の掲示物で古典的に注意喚起するというのは、なんだか、少しおもしろい話だ。しかし、これならば声に出さずとも、指で1や2の形を作ればいいし、客側も店員側もスムーズにレジを通すことができるので、双方のストレスは確実に減ったのではないだろうか。

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合