NEW

JRAオークス&日本ダービーも波乱?ダービージョッキーの視点で厳選した3頭!

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, , ,
JRAオークス&日本ダービーも波乱?
桜花賞馬スターズオンアースは買えるのか?

春競馬も後半戦へ

 2022年春の日本中央競馬会(JRA)で行われるG1レースも、残りは今週末の優駿牝馬(オークス)、そして来週末の東京優駿(日本ダービー)、安田記念、宝塚記念の4レースのみとなった。どれも目が離せない注目の一戦であり、これから競馬を始めようと考えているなら、ぜひ楽しんでもらいたいレースだ。

 さて、今週末に行われるオークスは、3歳牝馬三冠の第2戦である。1冠目の桜花賞(G1)は7番人気のスターズオンアースが勝利し波乱の決着となったが、果たしてオークスはどんなレースとなるだろうか。

 そもそも、桜花賞とオークスの違いは大きい。桜花賞が阪神競馬場の右回り1600mで行われるのに対し、オークスは左回りの東京競馬場2400mと条件が大幅に変わる。先週のヴィクトリアマイルに出走した白毛の女王ソダシのように、過去にも多くの桜花賞馬が距離の壁を越えることができず敗退。ゆえに今年の桜花賞馬スターズオンアースの距離適性を見極めることは、このオークスで特に重要と言って間違いあるまい。

 さらに今年のG1レースは、多くのマスコミが推した1番人気馬が敗退し、波乱の決着が続出していることも忘れてはならない(締め切りの関係でNHKマイルカップまでの成績)。

 フェブラリーステークスからNHKマイルカップまで7レースの1番人気は、2着と3着に1頭ずつで残りは4着以下という状況なのである。つまり、オークスも日本ダービーもマスコミの情報を鵜呑みにしてしまうのはリスクが高いのだ。ならば、ここはスポーツ紙や競馬専門紙を参考にするのではなく、プロの情報を最優先に考えてみたい。

 しかもちょうど良いことに、うってつけの人物がいる。それがダービージョッキーの大西直宏氏と競馬情報のスペシャリスト集団「ワールド」だ。

 大西氏はサニーブライアンで日本ダービーを制した名騎手。オークスと同じコースである日本ダービーを勝利した実績は、どんな有名な競馬記者や評論家でも持ち得ないもの。それだけに大西氏による“騎手の視点”は確信を突いたものとなろう。

JRAオークス&日本ダービーも波乱?ダービージョッキーの視点で厳選した3頭!の画像2
ダービージョッキーの大西直宏氏。本物の視点は必見だ。

 また「ワールド」は競馬情報のスペシャリスト集団と称したように、さまざまな分野の競馬関係者が集結し、ありとあらゆる競馬情報を入手できるネットワークを構築。このオークスや来週末の日本ダービーにおいても、その情報力は何よりも強力な切り札となるはずだ。

 そんな「ワールド」に、オークスと日本ダービーの最新情報および攻略法について話を聞いた。

すべてを把握する大西直宏氏

――オークスと日本ダービーについての見解をお聞かせください。

担当者 いよいよ競馬の祭典ですからね。このオークスと日本ダービーは我々も特に力が入っています。そして先に申し上げておきますと、今回は大西直宏が監修するオークスと日本ダービーの情報を、ファンの皆様に無料で公開します。また少し先になりますが、安田記念と宝塚記念の情報も同様に無料で公開します。大西直宏が厳選する情報をぜひ確認してほしいですね。その上で、現時点で話せるオークスとダービーについて触れておきましょう。

 まずオークスは、桜花賞組のスターズオンアース、ウォーターナビレラ、サークルオブライフ、ナミュール。別路線組のアートハウス、エリカヴィータ、スタニングローズといったメンバー。そのなかで桜花賞や他のレースではなく、もともとこのオークスが狙いで、前走が80%なら今回は100%という勝負馬が存在。この馬がオークスの主役であり、状態に関しても現場から文句なしとの報告が届いています。大西も同馬を高く評価しており、この馬が中心と言っていいでしょう。そして相手に関しても、穴馬を含めた激走馬が候補に挙がっていますので、配当面も期待できます。

 次に日本ダービーに関して言えば、我々は皐月賞もシッカリと的中させたことからも、的中に向けてかなりの手応えがあります。皐月賞で好走して上位に入ったジオグリフ、イクイノックス、ドウデュースは当然のことながら、マスコミがノーマークのとっておきの穴馬も確認済み。こちらも非常に期待できますよ。

――1600mと2400mの違いについて教えてください。

担当者 実際に日本ダービーを勝利した大西によれば、阪神の1600mと東京の2400mではまったくレースが別物になるとのこと。求められる適性は異なり、レースに向けての調整方法も違います。そして騎手に求められる判断や技術もかなりの差があり、このコースで結果を出すためには、あらゆる要素を噛み合わせる必要があるとのこと。

 もちろんワールドでは、ダービージョッキー大西の視点により、今回のオークスと日本ダービーで好走する馬と騎手もすでに絞り込まれています

――ワールドさんの今年の的中実績はいかがですか?

担当者 好調ですね。春競馬が始まった3月以降に限定しても、47万4410円(3月5日中山5R)といった超高額万馬券を筆頭に、25万5890円(5月7日中京3R)、22万1820円(4月3日阪神10R)といった万馬券を数多く的中。皐月賞ではイクイノックスから馬連や3連複を的中させており、情報をご覧になった方からは75万円を獲得したとの報告も届いています。

JRAオークス&日本ダービーも波乱?ダービージョッキーの視点で厳選した3頭!の画像3
衝撃の皐月賞的中と75万円の払戻馬券!オークスと日本ダービーも期待が高まる。

――なぜそんなに当たるのですか?

担当者 マスコミのような予想では簡単に的中できない、こういった配当をコンスタントにお届けできるのも、ダービージョッキー大西直宏をはじめとする、ワールド独自の情報網があるからに他なりません。そしてその情報をダービージョッキーの視点で分析するのですから、この結果は当然と言えるでしょう。オークスも日本ダービーもぜひご期待ください

――今週末のオークスは期待できそうですね!

担当者 参考までに、オークスは過去10年で9回的中させているように、得意中の得意と言えるレース。昨年も当時無敗の桜花賞馬ソダシを軽視して的中させていますし、万馬券も何度も的中させていますから、今年も楽しみです。

――無料提供される情報はどのような内容ですか?

担当者 ダービージョッキー大西直宏監修の絞りに絞った3頭を無料公開します。そして今回ご参加された方には、来週末の日本ダービー、さらに安田記念と宝塚記念でも同じく大西直宏監修の厳選3頭を無料で公開します。春競馬はぜひワールドの情報で的中を手にしてください。

 春のG1レースも終盤戦に突入するが、ここまで納得いく的中を手にしてないファンもいるだろう。また昨今の盛り上がりを見て、馬券に興味を持った初心者もいるだろう。ワールドが提供するオークスの無料情報は、そんなすべての方にとって必見の情報だ。ダービージョッキーの情報を無料で入手する絶好の機会。このチャンスを逃さず活用し、ぜひ競馬を楽しんでもらいたい。

(文=Business Journal編集部)

CLICK→無料公開!【オークス・ダービー・安田記念・宝塚記念の厳選3頭!】ワールド

※本稿はPR記事です。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合