NEW

楽天モバイル「0円」終了!乗り換え先はどこがいい? 慌てて解約しないほうがいい場合も!?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2022年5月13日、楽天モバイルはケータイプランを2022年7月1日より「Rakuten UN-LIMIT VII」に移行すると発表した。これにより従来の月1GB以下なら0円というサービスは終了され、最低でも月額1,078円かかることになる。これまで楽天モバイルを0円運用していたユーザーは、7月以降解約したり他社に乗り換えるつもりだろうがちょっと待った! 6月からは楽天市場のポイントが6倍になる新キャンペーンも予定されているので、慌てて解約しないほうがいい場合も考えられるのだ……。

ついに楽天モバイル0円運用が終了! 7月から最低1,078円かかることに……

ついにこの日がやってきた。第4のキャリアとして2020年4月から本格的なサービスを提供してきた「楽天モバイル」は、加入者数を増やすためにデータ通信量が月1GB以下なら0円という破格のケータイプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を展開してきた。

しかし、2022年には楽天モバイルの契約者は550万を突破しており、いずれこの月1GB以下0円サービスは終了されると見らていたが、2022年7月1日より新しいケータイプラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を導入することで、いよいよ終了されることになる。

2022年7月から新たに導入される「Rakuten UN-LIMIT VII」では、月3GB以下で月額1,078円、月3GB~20GB以下は月額2,178円、月20GB超えると無制限となり月額3,278円で利用できる。また、国内のパートナー回線エリアは月間5GBまで利用可能となっている。

つまり、「Rakuten UN-LIMIT VII」では最低利用料金が月1GBまでは0円だったのが、月3GBまでで月額1,078円になること以外は従来のプランと変わらない。

また、現在「Rakuten UN-LIMIT VI」を契約中の人は、2022年7月1日に自動的に料金プランが「Rakuten UN-LIMIT VII」へ移行されるが、キャンペーンの適用により、2022年10月末までの最大4カ月間は、月額データ利用量が1GB以下の場合は1,078ptが付与されるため、実質無料となることも覚えておきたい。

●楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI(料金プラン)」→こちら

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合