NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『ナンバMG5』どんなに低視聴率でも熱狂的支持で続編が確実視される理由

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】, ,
「ナンバMG5 - フジテレビ」より
ナンバMG5 – フジテレビ」より

 初回から6.6%、4.9%、5.3%、4.8%……毎週ネットメディアで報じられる『ナンバMG5』(フジテレビ系)の世帯視聴率は大惨敗。しかし、決して「失敗」とは言い切れないものがある。

 タイムシフト(録画)で世帯視聴率と同等レベルの数値を稼いでいるほか、この作品に求められているのは、フジテレビが重視するキー特性(13~49歳)の個人視聴率。さらに、ネット配信再生数、映画化などのライツビジネスを期待されている作品であり、世帯視聴率だけで成否を決めつけるメディアが時代錯誤な記事を書いているだけだ。

 それ以上に、SNS、関連ニュースのコメント欄、レビューサイトなどの評判がめっぽういい。「今期イチ」に挙げる熱狂的な視聴者も多く、控え目に言ってもトップ3に入るほど熱のこもったコメントがネット上にあふれている。

 では、どこが評価されているのか。そして、同じヤンキーコメディとして比較されがちな『今日から俺は!!』(日本テレビ系)とはどんな違いがあるのか。

見るほどに美しい本広監督の映像

 まず初回放送を見て驚かされたのが、制作サイドの熱とこだわり。とりわけ『踊る大捜査線』シリーズ、『SP 警視庁警備部警護課第四係』(ともにフジテレビ系)などを手がけた本広克行監督がチーフ演出を務める映像は、他のドラマと一線を画すほどの熱とこだわりが見られる。

 小刻みなカット割り、計算し尽くしたカメラワーク、躍動感あるアクション、屋内外の選ばれたロケーション、キャッチーな衣装・美術・ヘアメイク、ライティングのコントラスト、音楽の緩急など、考えうるすべてにわたって妥協なき制作姿勢が見られる。

 ながら見ではなく、できれば大画面で。1度ではなく2度、3度、繰り返し見れば見るほど、映像の美しさや迫力を感じられるだろう。つまり、『今日から俺は!!』と比べたとき、これら映像のクオリティで上回っているのだ。

 もう1つ、熱とこだわりを感じ、『今日から俺は!!』を凌駕しているのが、キャスティング。

 ヤンキー一家の難破ファミリーに、間宮祥太朗、宇梶剛士、鈴木紗理奈、満島真之介、原菜乃華。主人公・難破剛の盟友ヤンキー役に神尾楓珠と森本慎太郎、キュートなトラブルメーカーのヒロインに森川葵。コメディ担当の美術部部長とクラスメイトに加藤諒と富田望生。

 さらに、愛犬・松を演じる柴犬の豆三郎と声優の津田健次郎。ゲストにも、ヤンキー女性役にファーストサマーウイカ、ヒロインの母ににしおかすみこなどが起用されている。

 いずれも「ピッタリ」と笑ってしまうほどのハマリ役である上に、しかもその多くはカッコイイ、カワイイだけではない演技巧者。キャストの多くが高校1年生で実年齢との差は大きいが、まったくそれを感じさせてない巧さを感じさせる。

『今日から俺は!!』は福田雄一監督ならではのギャグを全面に散りばめた世界観で年齢ギャップを超越していたが、『ナンバMG5』は監督の映像美と俳優の演技で正面突破しているのだ。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

RANKING

17:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合