NEW

GACKT、活動再開で医療機関がプレスリリースの異例さ…仮想通貨広告塔、不倫報道

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
GACKT、活動再開で医療機関がプレスリリースの異例さ…仮想通貨広告塔、不倫報道の画像1
GACKT

 昨年9月に発声障害などを理由に芸能活動を休止すると発表していた歌手のGACKTは今月16日、年内にも活動を再開すると発表したが、治療を担当する医療機関がGACKTの病状を報告するプレスリリースを出すという異例の対応をみせ、驚きが広まっている。

 GACKTといえばここ数年、何かと世間を騒がす出来事が続いていた。

 まず18年、自ら広告塔を務めて“GACKTコイン”とも呼ばれた仮想通貨「SPINDLE(スピンドル)」をめぐり、多額の損失を抱える投資家が多数出た一方で、自身は上場直後に数千万円を売り抜けたと「週刊文春」(文藝春秋)が報道。「文春」によれば、GACKTは17年に行われた商談会で、参加者たちに対して

「ちょっと今までとは考えられない儲け方なので」

「1000万円を入れたのが2億とかなっているんですよ」

などと語り、出資を迫っていたという。

「GACKTはスピンドルで一番儲けたと思います。恐らく、数億から10億円ほどの金額が懐に入ったものと推察しています。それは広告塔や創業者利益よりも、代理店収入でしょう。本人がスピンドルを売って得た収入ではなく、契約上ではスピンドルを他人に売ったら、いくらかがGACKTに入るという契約は結んでいました。

 今回の報道で、GACKTが『代理店になったほうがいいと思います。仮想通貨の販売手数料(コミッション)は異常で25%入るんです』とセミナーで語っていたことが明らかになりましたが、GACKTにとって代理店収入は美味しかったと想像できます。スピンドルは、プロ野球選手、ミュージシャン、資産家などから100億円を集めたと言われています。そのうち、GACKTも相当がんばってセミナーを開催し、会社経営などに携わっている出資者候補に対して熱心に勧誘し、集めたでしょう」(ジャーナリスト・伊藤博敏氏/19年3月29日付当サイト記事より)

「(GACKTはブラックスターの)創業者メンバーです。『意思決定メンバーのファウンダー(創業者)報酬等』と題されたエクセル表には、宇田修一ブラックスター前CEO 5%、平井政光現CEO 3.5%など14人の名前が並び、GACKT 2.0%、ふみさん 0.5%となっていた。この『ふみさん』が野田文信氏であり、野田聖子前総務相の夫です」(同)

「世界的な仕掛けがありますよね」

 20年には「女性を“一流”にするためのブランド」というコンセプトを掲げ、カリスマホストのROLAND、実業家の門りょう氏と共同でプロジェクト「G&R」立ち上げたが、同ブランドのドレスの一部が他ブランドのデザインと酷似しているとの指摘が続出。「G&R」運営元のdazzyは12月、商品の販売中止と回収に追い込まれ、GACKTも釈明に追い込まれた。

 翌21年2月には、YouTubeチャンネル上で「GACKTが愛犬を里子に出しました」という動画を投稿し、5カ月間飼っていた愛犬を知人に譲渡したと報告したが、その行為に対してペットの飼育に詳しい人々から批判が続出する“愛犬譲渡騒動”が発生。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合