NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『鎌倉殿の13人』菅田将暉の源義経はどう死ぬのか?前半最大の注目回&名場面に

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】, ,
「NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』」より
NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』」より

鎌倉殿の13人』(NHK)は5月8日放送の第18話で壇ノ浦の戦いが描かれ、ついに平家が滅亡。続く15日放送の第19話では、北条義時(小栗旬)が源頼朝(大泉洋)と源義経(菅田将暉)の関係修復を模索するが、後白河法皇(西田敏行)や源行家(杉本哲太)の邪魔もあって失敗に終わり、決別してしまう様子が描かれた。

 そして22日に放送される第20話のタイトルは「帰ってきた義経」。義経が、かつて庇護されていた奥州に逃れ、藤原秀衡(田中泯)を頼るところから物語は始まる。しかし、秀衡はほどなく死去してしまい、嫡男の藤原国衡(平山祐介)と、次男ながら跡継ぎの泰衡(山本浩司)は不仲という不安定な状況。頼朝はそれにつけ込んで義経を討つよう義時に命じる。

 ここまでがホームページの「あらすじ」に書かれた主な物語であり、さらに予告映像では、義時の「九郎殿(義経)を連れて必ず戻ってまいります」という言葉に頼朝が「生かして連れて帰るな。新しい世を作るためじゃ」と冷たく言い放つシーンがあった。

※下記、史実やホームページの「略年譜」に書かれた出来事を含む、ネタバレの可能性があります。

菅田将暉が首をはねられるのか?

 あまり事前に知らされていないが、史実から離れることは考えづらい以上、今回の第20話で義経が命を落とすことは間違いない。『鎌倉殿の13人』の義経と言えば、これまでの“悲劇のヒーロー”というイメージから一変し、傲慢で卑怯、短気で狡猾な人物像で描かれてきた。

 また、戦場では圧倒的な強さで勝ち進むカリスマ性があり、それを飛ぶ鳥を落とす勢いの菅田将暉が演じることで、初登場シーンから強烈なインパクトを残し続けてきた。だからこそ、「あの義経が死んでしまうのか」という寂しさとともに、「史実通り自害し、首をはねられ、頼朝のもとに送られるのか」「菅田将暉は義経の最期をどう演じるのか」などが注目を集め、ツイッターの世界トレンド1位を獲得するだろう。

 さらに予告映像のシーンでは、「気高く誇り高く」という文字に合わせて、静御前(石橋静河)が舞を披露するシーンもあった。捕らわれた静御前は、頼朝の前で義経を思いながらどんな舞と歌声を見せるのか。それに頼朝や北条政子(小池栄子)はどんな反応をするのか。こちらもトレンド入りの可能性が高い名シーンとなりそうだ。

 そしてもう1つ忘れてはいけないのは、史実では静御前が義経の子を妊娠していたこと。さらに、予告映像に善児(梶原善)の姿があったこと。善児と言えば、これまで頼朝と八重(新垣結衣)の子・千鶴丸、北条宗時(片岡愛之助)、伊東祐親(浅野和之)らを暗殺してきただけに、「今度は義経と静御前の子を……」という不穏な空気が流れているのだ。

 これらのシーンで頼朝はどんな姿を見せるのか。そして、頼朝を演じる大泉洋はどんな演技を見せるのか。冷徹に振る舞うのか。それとも、弟を想い号泣するのか。いずれにしても、「#全部大泉のせい」「#鎌倉殿どうでしょう」のハッシュタグがこれまで以上に飛び交い、大いに盛り上がるだろう。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg