NEW

ドコモ、ahamo新オプションは100GB使える「ahamo大盛り」をスタートへ

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ドコモの新プラン「ahamo」のユーザー数は2022年3月に300万人に達し、好調をキープしている。データ通信量20GBと5分無料通話付きで月額2,970円(税込、以下同)は3大キャリアの新プランでは最安クラス。そんななか、さらに6月中旬から月額1,980円で80GBを追加できる「ahamo大盛りオプション」という新しいオプションサービスを提供する。大容量オプションの新登場は業界にどのような影響を及ぼすのだろうか。

ahamoのターゲットはギガ大容量ユーザーで決まりか?

ahamo大盛り
月額4,950円で100GBが使えるプランは新プランでも初(画像は「NTTドコモ」公式サイトより引用)

ahamoのプランは現在1つのみで、月額2,970円で月間20GBのデータ通信と5分間の通話ができる。そこに新しい大盛りオプションを利用すると、月額1,980円で80GBという大容量を追加でき、月額4,950円で100GBを使えるということに。毎月たくさんのデータ容量を消費する“食いしん坊”にぴったりのデカ盛りメニューだ。

楽天モバイルをはじめ、新プランや格安SIMは月3GB以下の小容量ユーザー向けのプランを多く打ち出しているが、ahamoはあえて大容量と無料通話で勝負をかけている。これは今の一人暮らしの20代~30代は自宅にWi-Fiがない、あっても速度が遅くスマホの回線の方が早いのでこちらを利用したいというニースがあることを受けての戦略だと考えられる。また、大容量ユーザーを取り込むことで客単価を上げているという狙いもありそうだ。

ドコモ、ahamo新オプションは100GB使える「ahamo大盛り」をスタートへの画像1
(Image:Koshiro K / Shutterstock.com) 楽天の0円プラン廃止でユーザーの流れは確実に変化しそうだ

大容量を使いたいユーザーをターゲットに新プラン王者の地位を固めたいahamo。それに対抗するライバルの新プランの狙いはどうなっているのだろうか。最近の「楽天モバイル」の“0円廃止”から始まったユーザーの取り合いが激化しているが、ターゲットは0円プランを利用していた小容量ユーザーが中心だ。

ソフトバンクの「LINEMO」は5月20日から、3GBのミニプランで「半年間実質無料」キャンペーンを開始した。20GBまでのプランは2,728円と5分通話オプション550円を合わせて月額3,278円で、ahamoより少し高くなるうえ、20GBを超えると通信速度が制限され、ほぼ使えない状態になってしまう。KDDIの「povo2.0」は唯一0円設定があり、データ量を自分のライフスタイルに合わせて自由にトッピングする仕組み。毎月の容量が定まっ…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合