NEW

「ポケモンカード」再ブームで価格高騰、1枚4億3,900万円の超レアカードとは?

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

30代40代のサラリーマンが子どものころに流行った「ポケモンカード」が、いま再びブームとなっていることをご存じだろうか。売買も積極的に行なわれており、かつてお小遣いで集めたカードがもしかすると驚きの金額で取引される“資産”となっている可能性があるようだ。

今回は、そんな高騰するポケモンカードの取引金額ランキングについてお伝えしていきたい。

ポケモンカードのプレミア的価値が高すぎる

生配信のオークション形式でトレーディングカード(トレカ)の販売を行なうライブコマースサービスの「ミニッツ」が、トレーディングカードの中でも特に人気が高まっているポケモンカードの取引金額を調査してランキング化した。調査対象となったのは、ヤフオクやメルカリなど国内外の9つのサイトだ。

30代の大人にとっては子どものころに遊んだ懐かしのポケモンカードだが、再ブームの火付け役となったのは2018年7月に発売された「GXスタートデッキ」だ。500円強で60枚のデッキが手に入り、バトルが楽しめるスターターセットをきっかけにポケモンカードに夢中になったのは子どもたちだけではない。親世代となった、かつての子どもたちもこぞってのめり込んでおり、再びレアカードを求めているのだ。その中でも財力を持った大人たちが、億単位という衝撃的な価格でプレミア的価値のついたカードを取引している。一体どのようなカードなのだろうか。

ポケモンカード取引金額ランキング第5位となったのは「2000 Pokemon Neo Genesis 1st Edition Holo Lugia #9 BGS 10 PRISTINE」で取引額は1,740万円だ。

2000 Pokemon Neo Genesis 1st Edition Holo Lugia #9 BGS 10 PRISTINE
(画像は「pwcc_auctions」より引用)

4位は「1998 Pokemon Japanese Promo Family Event Trophy Card Holo Kangaskhan #115 PSA 1」で、こちらも1,780万円と、4位5位の時点ですでにお高い高級車も余裕で買える金額となっていることには驚きを隠せない。

1998 Pokemon Japanese Promo Family Event Trophy Card Holo Kangaskhan #115 PSA 1
(画像は「pwcc_auctions」より引用)

3位にランクインしたのは「Pokémon Blastoise #009/165R Commissioned Presentation Galaxy Star Hologram (Wizards of the Coast, 1998) CGC NM/Mint+ …

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合